ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『facebook meet up! vol.9 「フェイスブック愛」を大いに語るナイト!』ライブレポート:愛があふれすぎで白熱トークも時間もあふれまくり!(11.8/5開催)

2011年08月30日

気づけばもう9回目!
月イチ開催のfacebook meet up!
今回のテーマは
『フェイスブック愛』
facebookへの偏愛度っぷりをfacebookのイベント、セミナーで活躍するゲスト陣が、三時間たっぷりと語り合います。

なんと今回、かなーり豪華なお土産!

Pic1_2

本格的ヘッドフォン、二種類のうちから好きな方をひとつ
FOSTEXのヘッドフォン
長野県飯田市のカレーの大原屋さんから
カレーペースト
お土産をもらった参加者のみなさん!
是非ともプレゼント画像をご自身のfacebookや、twitterやblog、HPにアップして下さいね〜とのことですよ(笑)
ありがとう!FOSTEXさん、カレーの大原屋さん!

今夜のゲストは、「Facebookを集客に使う本」の著者でもある熊坂仁美さん、セラピストブランディング コンサルタントのサニー久永さん、「Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本」の著者でITジャーナリストの高橋暁子さん、ソーシャルコンサルタントでソーシャルマジシャンの坂田誠さん、ビデオジャーナリストの神田敏晶さんの5人。

Pic3

神田さん&坂田さんはちょっと遅れているため、熊坂さん、サニーさん、高橋さんの3人のゲストでスタート!と思ったところに神田さんが登場!

Pic2

ということで、ゲスト4人でスタートです。

熊坂さん、高橋さん、最近お誕生日、しかも同じ日がお誕生日だったということで、お誕生日おめでとうございますで乾杯!

Pic5

さて、本題のトークに突入!
facebookをどういう風に使っているの?という質問を投げたところ、熊坂さんは「仕事場であり遊び場、facebookページをそれぞれわけている」、サミーさんは「ミーティング用などでグループページの活用が多い」、高橋さんは「プライベートはmixi、仕事にfacebookやtwitterを使用」、神田さんは「グループ、チャットを仕事で使用」ということ。
中でも神田さん、グループ、チャット機能を使って同じ時間帯に4社の会議をこなしたとか。

Pic4で、余談なのですが、神田さんはただいま婚活中!
なんと10/12に式場を予約してあるらしく、キャンセル料金がかからない9/12までにお相手を見つけたいそうなので、我こそは!という女性は是非とも神田さんのfacebookへアクセスを(笑)

Pic6そんな余談でも大盛り上がりの中、坂田さんが到着!
到着早々、facebookをどういう風に使っているのか伺ったところ、「グループ、ウォールがメイン。グループは80ぐらい参加していて、そのうち60ぐらいを自分で作ったグループ」だそうです。

さて、次のテーマは「いいね!」機能についてのお話。

Pic7

facebookならではの機能である「いいね!」。
神田さんはアンチ「いいね!」派だそうで、発言に対しては出来ればコメントをつけてもらいたい派という話や、半年ぐらい前の「いいね!」と、現状の「いいね!」は愛情が足りない、発言者がコメントに対して「いいね!」をクリックするのはいい、企業ページは「いいね!」を増やすよりも、ウォールへの書き込みを増やすことでの個人との結びつきの方が大事、などなど様々な意見が飛び出しました。

なんだかんだで白熱トークで気づけばこの時点で21時過ぎ…
しかしこの後、更にトークに拍車がかかっていくのです。

お次のテーマは「facebookページ」

Pic8

facebookは絆づくりをするところでビジネスとして儲けを出す手段ではない、facebookはリピート客を集めてコミュニケーションをとることで売り上げに繋がる、密にコミュニケーションを上手に取るという点で、中小企業が意外にfacebookを使った商売が出来ている、といったコンサルタントをされているゲストのみなさんならではの、ビジネス上でのfacebookページの使用についてを中心にトークが展開されました。

Pic9途中、facebookとGoogle+の話をおりまぜつつ、facebookの今後の話へ。
神田さん曰く「facebookによってSNSはリアルネームの世界に入り、個人がパブリックとなるメディアになりつつある」と話したタイミングで、神田さんいきなりテンガロンハットを脱いで、スカーフを外し、坂田さんのジャケットを借り、お客さんのビジネスバックを持ち…「これって誰?って感じでしょ?新橋にいそうな(笑)」(神田さん曰く写真NGだそうです(笑))
そして、またテンガロンかぶっていつもの神田さんスタイルにもどり、「これがfacebookです!」
個人がパブリックになるという姿を身を挺して表現してくれました!

最後にゲストのみなさんに
1年後のfacebookはどうなっているのか
伺ってみました。
熊坂さん「来年は日本でもユーザーが1,000万人に達すると思われます。携帯の様に連絡手段として使われているのでは?」
サミーさん「携帯でmixiを活用している20代が入って来ます。携帯のfacebookはPCに比べてシンプルで使いやすいので携帯ユーザーのアクセスが増えると同時に、facebook上のブランディングも変わります。」
高橋さん「facebookページがますます増え、公式の表の顔としてページが存在するようになると思います。」
坂田さん「ユーザーは増えていくが、twitterの様に失速していく可能性も。友達を増やしすぎることで、自分の部屋が汚くなって、まだ部屋がきれいなGoogle+に行ってしまう可能性もあると思います。まずは自分の部屋をキレイにすることを!」
神田さん「僕は日本でのユーザーは700万人程度になると思う。facebookを愛しているのなら、インターフェイスや画面デザインなど、facebookサイドにクレームをガンガン送るべき!」

白熱トークの連続で、予定時刻をかなりオーバーして終了。
しかし皆さんまだまだ話足りない様子でした。
これは今後なんらかのつづきがある予感。
次回はなんと10回目の『facebook meet up!』となります。
お楽しみに!

よしむらなな / ライター