ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『ゆるい専門家ナイト2』ライブレポート:バス降車ボタンから虫食いまで、ゆる〜い専門家が集合!次回は9/28開催!(11/8.24開催)

2011年09月16日

ゆる〜い専門家達がカルカルに集合!
先月からスタートした『ゆる専ナイト』
今月もゆる〜い専門家17名を集めて、第二回が開催されました。

Pic01

コメンテーターとして先月につづき、松本隆博さん(社会貢献的エンターティナー/ダウンタン松本人志さん実兄)が登場!

まずは、ゆる専ハンター”やきそばかおるさん”が今回は出演しませんが、最近気になっている、ゆる専さんたちをご紹介。

Pic02

「書皮評論家」(書店の紙のブックカバーを集めている)
「コンビニアイス評論家」(コンビニアイスを約270種類食べている)
「ツチノコ評論家」(40年ツチノコを探し続けている)
「バッティングセンター評論家」(47都道府県のバッティングセンターをまわっている)
かなり興味深いゆる専の方々!
次回以降のご出演に期待です。

そしてゆる専たちの登場です!

バスの降車ボタン専門家(石田岳士さん)

Pic03

Pic04前回のゆる専ナイトでもその存在が語られていた「バスの降車ボタン専門家」
その、石田さんがご登場です。
降車ボタンをコレクションしている石田さん、「自分が集めなきゃ、他に集める人がいないだろう!」ということで、降車ボタンを収集されているそうです。
バスの降車ボタンは日本発祥というお話。
海外では台湾、韓国のバスには降車ボタンがあるそうなんですが、これは、日本のバスを輸入して使用していたから。
鉄道好きがそのシチュエーションやパーツなどでフェチ部分が細分化されている今、バス好きも今後どんどん細分化されていく予感がプンプンします!

イカタコ専門家(こはだりかさん)

Pic05

Pic06マルハニチロにお勤めのこはださん、最初に配属になったのが”タコイカ課”。
それがきっかけで「イカタコ専門家」に!
(現在は通販の部署に移動されたそうですが)
こはださんにタコを選ぶポイント、教えていただきました。
ぐるぐるっと巻いてあり、身が裂けていたり、はじけていたりする方が美味しいそうです。
また、あまりみかけない、タコの頭。
これがサラダなんかに入れると美味しいそうで、”今後はタコの頭をチェック!”な気持ちにさせてくれました

代理店を使わないお金をかけない販促専門家
(中村浩昭さん)

Pic07

Pic08_2中村さんは、”ブルーマングループ”を日本に呼んだ方。
その”ブルーマン”を例に、代理店を通さずにブルーマンをアピールし、チケットを売っていった方法をレクチャーしていただきました。
例えば、大手宅配ピザ屋さんの学生バイトを平日の空き公演に無償ご招待→ブルーマン好きになってもらう→宅配するピザの箱の上にブルーマンのチケット優待価格販売のチラシを貼ってもらう。→ピザをお客様に渡す時に「ブルーマン最高ですよ」と声をかける。
といった手法なんですが、これが売れたそうです!!
他に、スポーツクラブでの事例や、ココだけの話、問い合わせを無視した大手企業の名前をほとんど想像がつく伏せ字で紹介してくれました。

ゆるいレンズ専門家
(佐藤直大さん)

Pic09

Pic10コンパクトデジカメやスマートフォン、携帯電話のカメラのコンバージョンレンズを開発販売している、イザワオプトの社員の佐藤さん。
今回は、iPhoneに魚眼レンズを付けてのご登場です。
魚眼レンズで撮影したように加工しくれるソフトはいろいろとありますが、やはりちゃんと180度の視野をもつ専用レンズは迫力が違う!
人とはちょっと違う写真が撮りたいという人にはいいですね。

JAZZ専門家
(青木見音子さん)

Pic11

Pic12渋谷にあるジャズ専門のレコード店「ジャズ屋」の女将、青木さん。
「ジャズ屋」さんは、ジャズのレコード販売はもちろんのこと、レコードプレイヤーのカートリッジに関しては日本一の品揃えと言っても過言ではないとのこと。
このカートリッジ、取りかえるだけで全く音色が変わると、青木さん。
年二回程、カートリッジの聴き比べをする会も開催されているそうで、聴き比べの会では10種類ぐらいのカートリッジの音を聴き比べすることができるそうです。

陸軍めし専門家(バーバラ・アスカさん)

Pic13

Pic14海軍めしの本も出版されているバーバラさん。
そんなバーバラさんが考える、陸軍めしの魅力とは、海軍は食料を船で運ぶが、陸軍は食材を実際に人間が背負って移動していくというところ。
なので、メニューもあまり派手やかではないようで、代表的なメニューが”にぎりめし”。
また参加者に配布していただいた、レシピを見てみると、”麦飯カレー”、”カレーうどん”、”白菜粉條汁”という昭和15年頃の陸軍のメニュー。
陸軍の味、一度食べてみたくなりました。

虫食い専門家(ムシモアゼルギリコさん)

Pic15

Pic16(虫が苦手な方、ご注意!)
たがめを漬けたものを手に登場した美女…
この方が虫食い専門家のムシモアゼルキリコさん。
漫画にでてくる、昆虫食を再現したいということで、様々な昆虫を食しているそうです。
好物はサクラケムシ(モンゴルシャチホコ)という、よく桜の木についている毛虫。
また、食用のゴキブリも絶賛養殖中で、ゴキブリは素揚げが基本だそうですよ。
ちなみに上の写真はアゲハ蝶が入ったゼリーです。

スパイス専門家(スパイス王子さん)

Pic17

Pic18ハウス食品にお勤めのスパイス王子さん。
「スパイスをより身近に感じてもらうため」ということで、「スパイス頭の体操」というクイズを用意してきてくれました。
クイズによると、太田胃散にもなんとスパイスが5種類を含まれている事が!!
また今年のヒット商品、ハウス食品さんの”ジュレポン酢”を来場者のみなさんにプレゼントしていただきました。

戦艦大和専門家
(紗汐冴さん)

Pic19

Pic20本業は漫画家の紗汐さん。
戦艦大和の主砲の大きさにくり抜いたダンボールを持参してきてくれました。
小学校4、5年の頃にこの段ボールを体に通して、戦艦大和の巨大さを実感していたんだとか。
松本さんも体に通してみました。
実は他の戦艦もお好きだそうなんですが、ただマニアックすぎて一般の人がついてこれないので、他の戦艦の話は封印されているそうです。

動物園の乗り物専門家
(森由民さん)

Pic21

Pic22森さんは、遊園地の乗り物といってもアトラクションではなく、動物を観るためのや園内の移動手段としての乗り物の専門家。
例えば、上野動物園のモノレール、あれも森さんの専門。
動物園ライターとして動物園に通っているうちに、動物を観るための乗り物が多いことに気づいたことがきっかけで、乗り物に注目するようになったそうです。

扇風機専門家
(奈良巧さん)

Pic23

Pic24今年おすすめの扇風機は「GreenFan2(バルミューダ)」という、奈良さん。
3ワットという省電力で動くこの扇風機、羽根も30cmと理想的なサイズだそうで、風もゆるゆるとしていて体にいい風で、バカ売れでもう売り切れ状態。
奈良さんによると、このGreenFanを作ったバルミューダの社長さんは、冬にもすごい暖房機を出すということを言っているそうです。
要チェックです!

滝専門家
(佐竹敦さん)

Pic25

Pic26環境省の調査では、日本には約2500の滝があるそうで、調査しきれないものも含めたら5000程度の滝があるそうです。
TVチャンピオンの「滝通選手権」にも出場している、佐竹さんが感動した滝は、秋田にある安の滝。
岩肌にぶつかりながら広がっていく様が美しいそうです。
ちなみに9月11日にはカルカルで、「滝めぐりトークライブ5 」を行います。
もちろん佐竹さんもご出演されますよ。

小説作法指導専門家
(若桜木虔さん)

Pic27

Pic28お弟子さん約30人がプロ作家に、また6年で6人が新人賞受賞者が!!
若桜木さんによると、賞に近くなる書き方のポイントは、選考委員が知らない事を書く事。
これも評価の基準になるそうで、おたく系の人は小説家になりやすいんだとか。
また、設定さえしっかりしていれば、ストーリーはあとから簡単についてくるという興味深いお話もして下さいました。

油の専門家
(野崎浩平さん)

Pic29

Pic308月23日は油の日だって知ってました?
京都にある離宮八幡宮にて、日本で初めて搾油された日が8月23日。
ゴロ合わせではありません、れっきとした歴史になぞらえた記念日。
野崎さんは、油業報知新聞社の記者さん。
今回は油で簡単に作れるキャンドルを持って来てきただきました。
子供向けのキャンドル制作イベントもなんかも開催されているそうです。

売れない浅草芸人専門家
(わく三さん)

Pic31

Pic32ナイツやWコロンの影響もあり、ゆる〜く注目をあつめるキーワード”浅草芸人”。
浅草芸人であるわく三さん、自ら、注目の浅草芸人を紹介していただきました。
(上段左)チャンス青木さん:ナイツ、Wコロンが尊敬する芸人
(上段:中央)森野ひろしさん:モノマネ?というか女装して歌ってるだけ??ノンケではありません。
(上段:右)甘味けんじ:ネタは8割落ちない、”なーむー”で無理矢理落とす。
(下段:左)アンクルベイビー:158cm、140cmのコンビ。芸歴約50年、アドリブ一切なし!
この他には、チャップリンの真似をする”プッチャリン”という芸人さんもいるという話。
なんか恐いもの見たさで、浅草芸人企画イベントをカルカルでやってほしいですね。

鬼ごっこの専門家
(平峯佑志さん)

Pic33

Pic34鬼ごっこの期限は奈良時代に行われていた、神社の宮中行事の「ことろことろ」に由来する、日本古来の伝統的な遊び。
全国で約3,000種類の鬼ごっこがあるそうです。
実は、カルカルでも開催されている「大人の鬼ごっこ」。
従来の鬼ごっこは背中にタッチ!でつかまえた♪ですが、大人ということで新ルール、”ひざうらタッチ”というものを導入したらかなりの盛り上がりに!
恐るべし…鬼ごっこは婚活にも使えそうな予感です。
次回は9/13にカルカルにて開催されます。
興味がある方は是非!

コミュニティFM専門家
(あまやんさん)

Pic35

Pic36全国に300ぐらいあるというコミュニティFM。
あまやんさんは全国のコミュニティFMを調べ歩いているそうです。
なんと、仙台市泉区で聴けるコミュニティFMでは、サンドイッチマンがレギュラーを務めている番組があったりするそうで、結構、地元出身のタレントさんが出ていることがあるんだとか。
あまやんさんのおすすめ番組は西東京市にある、FM西東京の「体あたため健康法」という番組。
とにかく体をあたためることをおススメするという番組らしく、一聴の価値あり!?

面白カフェ専門家
(朝井麻由美さん)

Pic37

Pic38ちょっと変わったカフェに取材もかねて、足をはこんでいるフリーライターの朝井さん。
今回は、BMI値25以上のメイドが集まる”ぽっちゃりメイドカフェ”、お客さんの前世をみてくれる”前世カフェ”、店員さんが全員ロッテンマイヤーさんの”カフェ・ロッテンマイヤー”を紹介してくれました。
特に”カフェ・ロッテンマイヤー”は、20代の女性もおばあちゃん系老け顔メイクをして、ロッテンマイヤーさんばりのちょっとイジワルな接客をしてくれるというカフェ。
イベント期間限定のカフェで、今はもう開いていないそうです。
残念!!
ちなみに朝井さん、泉麻人さんの娘さんだそうですよ。

今回も最後は、松本さんのライブで締め!!

Pic39

既に第三回も開催決定!
次回はどんな、ゆる〜い(でもディープ)な専門家達が集まるんでしょうか?
お仕事をお願いしたいという業界関係者の方も是非、ご来場を!!

よしむらなな / ライター