ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

おかげ様で4周年!「ハガキ職人ナイト! 12 ~投稿の秋~」12回を数え笑いの職人芸にますます磨きがかかる大喜利イベント満員御礼レポート!(11.9/10開催)

2011年10月03日

カルカル4周年の今、恒例となった「ハガキ職人ナイト」
第4回からカルカルと歩んで共に4周年
およそ3ヶ月に1度のペースで行われている抜群の安定感もさることながら
なにより、出演者も主催者も開催側も見る側も
大満足の名物企画と成長しました!

第12回を迎える今回のテーマは、~投稿の秋~!!!!

1
もはや恒例。開始前にも並んで待つお客さん

20分押しで、開場!
今回のハガキナイトは、なんと
特別企画オープニングアクトがありました!
『大喜利天下一武道会』の協力のもと、
企画という超豪華なもの!

2
司会者『大喜利天下一武道会』主催の橋本さん(左)、松澤さん(右)

ちなみに『大喜利天下一武道会』とは、誰でも参加可能な巨大大喜利トーナメントです。
3分間×2問の天下一形式と呼ばれる方法で、
天下一常連の俺のランボルギーニ氏と『ハガキ職人ナイト!』のメンバーによる大喜利バトルが始まりました!

3
第一問:「ち」で始まる器の小さい台詞

参加者は、俺のランボルギーニさん(以下俺ランさん)、岡田あづまさん、お手手つないでさん(以下:お手てさん)、哲ひとさん、てにをはさん、Ⅱ度寝(ニドネ)さん

早かったのは、もちろん俺ランさん!
「チラノサウルス」
お手手さんも負けてはいません
「ちり紙をください~。古新聞をあげます~」
てにをはさんも
「ちくわナイト はじまるよ~!」

「器、ちっさー(笑)」
司会のお二人のツッコミがすばやく返されます。

4
第二問:ピンコに耳打ちするエナリの写真

哲ひとさん 橋田寿賀子には、内緒だよ?」 司会「言ってそう!」
岡田さん「パナウェーブ」 司会「懐かしいよ!白い服着てるしね!」

第三問:ノウハウ本「女性とスムーズに会話するための100の方法」に書かれていたうそ臭いアドバイス

岡田さん「女性の脳に電極は刺しましたか?」 司会「アドバイスじゃない!」
お手てさん「車と同じ」 司会「乗るもんね!」
俺ランさん「レッスン1 パンツの色は?」「レッスン2 させて下さい」
司会「最初っからそれかよ!」

…くれぐれもイベント開始前なのに、満員御礼でやんやんやと盛り上がる会場。

そして、今回の特別企画2!

大喜利中に出た印象的な解答の名前がついたカクテルを即席で作って販売決定!
しかもそのカクテルは、更に新しい印象的な解答が出たら新しいものが作られ、なくなるという期間限定なのです。

第一弾は「パナウェーブ」
もちろん白いカクテルでした!

5
ここからが本番だ!

さて、時間となりまず出演者たち一人ひとりの紹介がスライドショーで流されます。
会場も再び大興奮!
「初めて顔みれたー!」「うおっイケメンじゃん!」「え?概念さん、初出場なの?!」

6_3
司会の岡田あづまさん(左)とテムシステムさん(右)

第11回に引き続きの司会のお二人、抜群のコンビ芸…じゃなくてコンビ力でばしばし突っ込みを入れる気満々!
「このイベントは、過去のラジオ番組や投稿雑誌でやっていたネタコーナーの復活を行っていくイベントです!」
まさか、知らない人はいないと思いますが、そういうイベントです。

7
出演者の皆さん。

左からお手てさん、ガラスのハートさん(以下ガラス)さだ馬刺しさん、田村Rさん、哲ひとさん、てにをはさん、ナンセンスさん、ポスティング失敗さん(以下ポスティン)

割れんばかりの客席からの暖かい拍手に、
誇らしげでありつつ照れまくっているようなハガキ職人の皆さん。
ハガキ職人は普段は人前に立たないのですね。

最初のコーナーは「応援のコーナー」
『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ』で行われていた、三三七拍子のリズムに乗せていろんなものを応援するコーナーです。
岡田さんから例題を応援の笛に乗せて元気良く発表!
「今日こそはっ いや明日こそはっ 職安いくっぞっ!」
シンキングタイムを経て、一人ひとり発表へ!

80
出演者同士が笑いあい称えあっている様子がいいですね

やはりリズムはとても重要!そしてパネルをめくる発表の仕方なども
ライブならではの受け方もあるんですね。

さださんの「ビジネスでっ 青森弁っ 新山千春!」
ナンセンスさん「チーワーワー!ブルドッグ!シーィシェパーアードっ!!」
は会場に高笑いが響くほど大うけ!

これを三回やりました!
9
シンキングタイムは短いのにこのクオリティの高さはお見事!

ガラスさん「我が家のっ カレーにはっ ブロッコリーが入ってるっ!」
司会「え!入ってるの?ブロッコリー」
ガラスさん「ええ、豪華だって自慢したくて。」 司会「そこっ?!」

ハガキ職人の受け答えにも笑いが飛び出します。

てをにはさんは
「山瀬まみは桂三枝を男とみていない」「中井美穂は織田裕二を男とみていない」の連続コンボ発動!

そうして、新しいカクテル「青森弁の新山千春」(緑)が出来上がりました!さよならパナウェーブ(白)

100
シンキングタイムこそ真剣勝負!

次のコーナーは「愛美ちゃんにチョイ足し!」です。
『伊集院光 深夜の馬鹿力』で行われていた、AKBメンバーの顔を組み合わせて作られたCGアイドル・江口愛美にメンバー以外の要素を付け足していくコーナーでした。

今度は出来た人から挙手して答えていきます。

11
笑顔で発表のナンセンスさん、隣のポスティンさんもいい笑顔

お手手さんの「あやまんJAPANの北関東感」「よど号メンバーのしぶとさ」など、ある意味時事ネタやちょっと懐かしい感じに会場が沸きます。
田村Rさんの「最低限の礼儀」など正統派(?)なのもイイ!…と思ったら「キラーマンの攻撃力」など幅広いです!
哲ひとさんの「RIKACOスマイル」という分かりやすいものから、「イデオンのような結末(江口愛美のせいでAKB全員がいなくなる)」など解説が必要なチョイ足しまで。

いやはやハガキ職人の解答は奥が深いぞ!

次のコーナーは「森進一じゃない」です。
『水曜 JUNK 山里亮太の不毛な議論』でおこなわれていたコーナーです。
こちらは回答者全員が森進一のモノマネをして発表しなくちゃいけないルール!

121
てをにはさんイラスト「こんばんは森進一です ドキンちゃんもいるよ!」

森進一さんの「おふくろさんよ」が流れる中、シンキングタイム!

ナンセンスさん「こんばんは。森進一から貴方へモーニングコール」
さださん「こんばんは。森進一です。パスワード認証。システムオールグリーン。再起動(リブート)」

全然モノマネする気がなくて司会者に突っ込まれたりする中、一番似せる気が感じられたお手手さんが称えられていました。

134_2   
吹き出し言葉攻めはお題が4つも!

さてさて、展開は速いです!
次のコーナーは「フキダシ言葉攻め!」

少年チャンピオンで連載されている『チャンピオン投稿コロシアム』のコーナーで、
連載作品の1コマを抜き出し、フキダシの言葉を入れ替えるというもの。

お題は4つもあり、スピーディな展開に。
一番解答の幅が広がったのが、二番目に出された浦安鉄筋家族の驚いている男の子の一言。
他のコマより制限がない分、ハガキ職人たちの妄想は広がる広がる…

お手手さん「ミッツマングローブってあんなに綺麗なのに男性なの???」
さださん「自己破産して、選挙権あるの?」
ナンセンスさん「イケメンパラダイスとテレ東の巨人戦の視聴率が同じ…」
田村Rさん「当選したなら早く目にスミを!」
ポスティンさん「えぇ~僕がメロスの代わりに人質になるんですか~!!」
哲ひとさん「へー アンタもナナっていうんだ!」

驚きポイントに各職人の個性がでますね!

というわけで、あっという間に第一部終了。
新しいドリンクは哲ひとさんの「痛みの化身ズッキーナ」(赤)です!

16_3   
ニューフェイスとして、
左から穴党次郎さん、概念覆すさん、俺ランさん、葛西彰広さん、解説者として本多平八郎さん

休憩を挟んで第二部は、一部メンバーチェンジ!
ニューフェイスの4名から一人ずつ自己紹介があり早速コーナーへ。

第二部の最初は『早押しクイズQQQのQ』
『伊集院光の深夜の馬鹿力』で行われていた、あらかじめクイズの正解を決めておき、それに沿った問題を募集するコーナー。

会場に「懐かしい!」というざわめきが広がる。
伊集院のハガキ職人と言えば、葛西さんにお手手さん。
オールスターな顔ぶれに司会者もおお張り切りです!

まず、答えは「パンダ」

シンキングタイムのBGM「ぽく…ぽく…ぽく」という音にまで司会はつっこむぞ!

17
パンダってどんな動物だったか混乱するパネル!

きちんと、パネル一つ一つを
司会「問題!〇〇なのは?」 本多さん「パンダ!」と解答してくれます。
ちなみに本多さんはパンダを見たことないとか?!

なので、穴党さんの
「アントニオ猪木の、1・2・3の次は?」 では 本多さん「パンダーー!!!!」と元気良く(笑)

どっかーんと会場が沸いたのが概念さん
「干支を決める際、国際情勢や税関の関係で3日以上遅れてやってきた動物と言えば?」
素晴らしい!と絶賛の嵐!

ベテランであるお手手さんも負けてはいません
「世界三大珍獣と言えば、西村知美、照英、あと一つは?」
には司会のお二人も「他の二種がめちゃめちゃ希少価値じゃないですか?雌の西村と雄の照栄以外見たことないんですけれど!」とツッコミを入れざるを得ない!

182   
イケメンと名高いポスティンさんの持ちネタ(?)は幼女です!

次のコーナーは、週刊ファミ通で連載中の投稿コーナー『ファミ通町内会』で行われていたコーナー。数々の「~かもしれない運転」を考えるというもの。

葛西さん「ゴレンジャーは、赤・青・黄・桃…あとなーーーーーーあ!緑だったかもしれない運転」 
俺ランさん「カブキロックスの氏神が一番で、俺二番かもしれない運転」
概念さん「グランセフトオートでのドライブテクニックは一度捨て去った方が適当かもしれない運転」お手手さん
「オレ、稲垣五郎だし、隣に菅野美穂乗せてるから、この後事故るかもしれない運転」

緊張もほぐれてきてエンジンかかりまくりの職人たちのキレのある解答をみよ!

19
限定ドリンク「痛みの化身ズッキーナ」を試飲する司会のお二人

新しいカクテルは俺ランさんの「氏神二番…かも」(赤と白の歌舞伎色)が出来たところで、ちょっと寂しげな静かな曲に変わったと思ったら、「ココロンリー」と言う、週刊ヤングサンデーで連載していた「くるくる電波ぁ~」でおこなわれていた「これって僕だけですか?」と言いたくなるシチュエーションを発表するコーナーが!

一般投稿コーナーとして投稿してもらった作品を映像にまとめたもの。
会場も自分のが写るかも!ということで色めきだってます!

21
ぼくだけじゃなかったら、うれしいな……。

そうして、濃い濃い第二部の休憩へ…って、
休憩の間にも、スクリーンを使って『うろ覚えイラスト塾』コーナーが!
『sabara』で連載していた、投稿銀河パラダイスで行われていた、うろ覚えで書いた似顔絵や風景を紹介するコーナーです。
こちらも一般投稿なので、トイレに行こうか我慢するか迷うお客さん続出!

23
烏が上手すぎると拍手が!

一瞬たりとも気が抜けない、ハガキ職人ナイト。
限定ドリンクですら、一瞬先は違う名前の違うドリンクにはや代わりだもの!

24
すっかり打ち解けた出演陣 笑いが絶えません

第三部の職人は、左から穴党さん、概念さん、ガラスさん、田村Rさん、哲ひとさん、てをにはさん、本多さん、俺ランさん。
「田村Rさんが私服…」ということに驚きを隠せない会場。(いつもはスーツ)

最初のコーナーは、『お前と組めば最強タッグ』
土屋礼央のオールナイトニッポンで行われていた、“サイゼリアとミラノ風ドリア”のように、最強の組み合わせと呼べるものを紹介するというもの。

ガラスさん「RIKACOと女目線のコメント」、哲ひとさん「ポパイとほうれん草、川島ナオミと犬」、という誰もが納得正統派から
俺ランさん「フッ君とモッ君」という、即座に「一人足りない!」と誰もが見た瞬間に突っ込んでしまうものから、本多さん「ヤフーのトップページと月刊チャージャーの広告」などわかる人にはわかるネタなどはもちろんのこと、田村Rさんに到っては「パンダが曲がり角にいるかもしれない運転」というどう考えてもコーナー間違えてます!というネタも飛び出しました。

ハガキ職人に怖いものはなくなっています!

俺ランさんに到ってはあまりに下ネタに走りすぎ、司会者から「俺ランさんの発言権は一回奪う方向で…」とのお達しまで。それでもめげずに「こんにゃくとチンチン」など連発し、「二回休み!」とまで言われている俺ランさん、漢を感じました…!

25
思わず出演者たちも拍手!

「林眞須美とホース」で会場を爆笑の渦にまいたてをにはさんが、このコーナー最後に「自民党と民主党」と綺麗にしめたのはお見事!

さて、次のコーナーは『ハズレ馬券の上手な使い方・捨て方』
競馬雑誌『サラブレ』で連載されていたますさぶで行われていたコーナーで、ハズレ馬券の有効な使い道、健全な捨て方を考えるというもの。

26
職人が解答をすると、間髪入れず司会からツッコミが!

穴党さんから田村Rさんへと、「乳首を隠す」ネタをかぶせてきたため、司会から「ここから水着ネタ禁止で!」ともっとも過ぎる注意が。

穴党さん「矢口がだんなとキッスするときの台替わり」
哲ひとさん「ローラが舌の代わりに口から出る」
今度は芸能人かぶせが!

27
画伯対決? 終盤になってイラスト率も増えてきました

俺ランさんもようやく下ネタから脱却してイラストネタに司会も思わず
「そうなんだよー。絵が描けるから起用したんだったよなー、この人ー。。」と本音がポロリ(笑)

早いもので、最後のコーナー。『気まぐれオヘンロ・ロード』
SPA!で連載されていた『バカはサイレンで泣く』で行われていたもので、天久聖一さんの出すお題に投稿者が考える大喜利コーナー。

お題『便利屋さんにこんなお願い』

292
さあ、誰の手が早くあがる?

田村Rさん「一緒に ベンリャーズ 組もうぜー!」
てをにはさん「人間を退化させて!」
穴党さん「加護ちゃんを禁煙させて欲しい」

便利屋さんも大変だ…!

30

新しいお題『裁判所から走ってくる人が持っている紙』

本多さん「勝ちそうなので飯食ってきていい?」
概念さん「90分12000円」
ガラスさん「よそ者は去れ!」

パネルはもちろん、縦に使います!

31
パネルじゃないと伝わらない面白さも。てをにはさん「勝ってるんだか負けてるんだかわからない表情の絵」

次のお題『中年ジャンプのコンセプト』

俺ランさん「ゴルフ・パンティ・勝利」 
田村Rさん「辞表 パンチ キック」
本多さん「努力(出世コースからは外れたけれど)、友情(取引先との接待)、勝利(人並みの幸せがあれば、いい人生だったと思えるよ」

さすが、中年ジャンプ。深みがあるコンセプトがいっぱいでました。

お題『赤ちゃん言葉で名言』

赤ちゃん言葉をどう使うかが笑いの源!
それにしても、可愛い!

30
書いては消して、描いては消して、全てはネタ披露の一瞬のため!

哲ひとさんは最後までキレキレでした。一発目「ちゅうおうくへいきたいか」から始まり、「ぼくはおまえの噛ませワンワンじゃにゃい!」は鮮やか。
ガラスさんの「でちゅノート」は会場にほんわかとした流れが。職人のキャラも関係?

田村Rさんが下ネタに走れば司会に「あんま俺ランさんと変わんないわ」と突っ込まれて「一緒にしないで!」と返したり、てをにはさんの福田和子ネタのしつこいかぶせにはもはや芸の域。しかも、終了時にはもう一度「自民党と民主党」をもってきたのは拍手喝采!

こうして、全てのコーナーが終わりました。

32

エンディングは全職人が集まって、感想を。
初参加の方々、ベテランの方が、それぞれの想い。

34
NO.1愛されキャラとなった俺ランさんに、胸に輝くバッヂが素敵な概念さん

概念さんの胸に実は『山里亮太の不毛な議論』のあなちゃんバッヂが輝いていたり、それぞれのTシャツにツッコミが入ったり

36
職人の皆様、お疲れ様でした!

大団円で無事閉幕となったハガキナイト!
もちろん、恒例の打ち上げもありましたよー!

38
ほぼ全員がハガキ職人であるかもしれない宴

主催者の田村Rさんから、打ち上げの挨拶と乾杯の音頭が。
感激のあまり涙ぐむ田村Rさんに暖かい拍手が。

39

記念撮影ではくだけたポーズもしてくれハガキ職人立役者の皆様!

今回も司会のおかださんが当日の出演者・スタッフ、来場者、Ust視聴者のツイートをtogetterにまとめてくれました!

コチラからご覧ください。

そして第2部以降がUstreamで配信されたためアーカイブがあります!
あの興奮をもう一度!な方も今回初めて興味をもたれた方も

コチラ からご覧ください。

 

 

これからもまだまだ成長を続けるであろうハガキ職人ナイト!
今後にも期待してください!

(ライブレポーター・raku)