ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

祝満員御礼!超人気テキストサイトNumeriの10周年記念トークライブ! 『ヌメリナイト2~今度は戦争だ!~』ライブレポート!!(11.8/20開催)

2011年10月07日

“超人気テキストサイトNumeriの10周年記念トークライブ!”

…これで、何人がピンと来るかはわかりませんが、
“Numeri”を説明するのにレポーターの言葉は要らない。
とりあえず、サイトを見ろ。それからだ、と。

という訳で、何がという訳でなのか全然分かりませんが、8月20日にカルカルで“ヌメリナイト2~今度は戦争だ!~”が竜巻も起こらず無事開催されました。
ちなみに“ヌメリナイト1”は実に6年前です。

1


入り口には“ろじっくぱらだいす”のワタナベ氏から贈られた花が!

普段は“#culcul”で統一されたtwitter用のハッシュタグも本日のみは“#ヌメリナイト”が出現!
ちなみにNumeriファンのことは“ヌメラー”と呼ぶのですが、前売り券はヌメラーどもに買い占められ、完全SOLDOUTのため当日券はなし!
カルカルの収容最大人数120人全員がヌメラー以外あり得ない状況。
主催者側から『USTREAMは内容的に絶対無理っ!!(笑)』とのことで、ヌメリナイト2は参加したヌメラーとヌメラーの呟くツイートのみが楽しめる祭典だったのです。

2


売り子の二人ももちろんヌメラー!衣装はもちろんpatoさんの指示です。

イベントごとに製作されるという噂のNumeri-Tシャツももちろん販売!
今回は3パターン(「芳江Ver.」「高志Ver.」
「龍亜種Ver.」)が製作され、可愛い制服姿の売り子さんが売ってるため、みんな引き千切らん勢いで買う買う!むしろその場で着ていた服を脱いでまで着だす人続出!
実は収益金は全額東日本大震災被災地への義捐金となっています。

イベント開始前の会場には、patoさんの声と思われるカラオケ曲が響き渡りすでに異空間!しかもZONEカバー!野太い声で「10年後の8月また出会えるのを信じて~♪最高の想い出を~♪」

3_2

   
Numeriと言ったら、コーラだろがい!「コーラ万能説」を知らないヌメラーはいない!

カルカルと言ったら、イベントをご覧になりながら紳士・淑女がアルコールやお洒落な食べ物で嗜む大人な場所なのですが、今回の限定はもちろん“patoコーラ”
ヌメラーたちはもう、アホかと思うぐらいコーラ一択の有様。
もちろん私もコーラしかあり得ないので注文しましたが、慌てて主催者側が『素面ではやってられないみんな!カルカルのメニューにはコークハイボールもあるよ!』と呟いてましたが、とき既に遅しカルカルがコーラの香りに包まれてしまうことは誰にも止められなかったのです。

4


大量の画像が凄いスピードで流れる動画

開催時間になり、patoさんのカラオケが止まった!会場が暗くなった!
急に始まる爆音の音楽と、怒涛の文字と写真溢れる動画が流れ出した!
エヴァっぽい!なんだかかっちょいいけど、わけがわからない!期待!

5


NumeriTシャツ龍亜種Verを颯爽と着こなす司会のお二人

「僕らはpatoじゃないからね!patoは今緊張しすぎて楽屋でゲロはいてるよ!」と発言しながら登場したものの、自らも緊張してガクブル震えている男性は、司会の松嶋さん
Numeriの閲覧者数が2人/dayだった時からの閲覧者というキングオブ・ヌメラー
もう一人の女性も同じく古参のヌメラーであった、Funky NaoNaoさんことナオさん

このイベントの注意事項をさらっと説明したら、patoさんを呼ぶために“Numeriコール”を会場へ要求。二度ほどやり直して、とうとうpatoさん登場だー!

6


高志Ver.Tシャツをさらりと着こなす、明らかにデブでないpatoさん登場!

ヌメラー全員デブを予想していたのに、そこに現れたのは背の高いイケメン!
どよめく会場!twitterで流れ出すpato情報。
「デブじゃない!」「思ったより太ってなくて残念」「patoさん太ってない!」「patoさん相変わらずのイケメン」

patoさん
「“patoはデブなう!”って呟かれることだけは絶対されたくなかったんで、痩せてきました!」

 

65_2


コーラで乾杯!客席に下りてヌメラーと乾杯しにいくpatoさん

Numeriと言えばラジオ放送でもお馴染みなのでご存知の方も多いでしょうが、やっぱりエネルギッシュにマシンガントークのpatoさん。テンションは常に最高潮!最初っからぶっ飛ばしまくりです。アクティブかつアグレッシブだぜ!

patoさん
「やっぱり男多いですねー!理系クラスみたいだな!一人で来てる人が多いんでしょうね!」と発言すれば、会場から「patoがんばってー!」という男性の野太い声が返ってくる不思議空間。しかし、実際は女性もかなりいましたとも。カップル来場も多かった!

9


この日のために120枚作ったという渾身のスライド画像!期待!

早速、秋葉原で絵画売り(エウリアン)にわざとひっかかり会話内容を全て録音したという逸話を披露するpatoさん。対決シリーズだ!
「始まってから終わるまで3時間以上かかったし、あんまり盛り上がらないんですよ!最終的には100万の絵を売られて、1000円以下のタオルを購入してきたんで最後のビンゴの景品にしますよ!」

●第一部●
Numeriについて

10_2


patoさんの自己紹介から始まった!

スライドに記載される全ての情報について余す所無く説明しまくるpatoさん。
出身地境港市は「簡単に言えば、鳥取のスラム街ですね!」とばっさり。パチンコなら「6万8千円負けました!」だの競馬では「脳汁がスプリンクラーみたいに湧き上がり50万円負けました!」だのその説明は具体的かつ細かく、そして破壊的に面白いぞ!
ちなみに中野屋のお姉さんは、patoさん行きつけ(2回のみ)の店のピンクのTシャツの店員の女性だそうです。

・中学の国語の成績は「1」か「2」、・大学生になるまで本を読んだことがない→傾倒するのが怖い、などヌメラーには驚く内容も。そして一番驚くべきなのはもちろん

・2010年タバコをやめて30キロ増量へ

11_2


一番痩せていた頃の顔写真も公開!

わざわざグラフを作り、体重の推移を説明するpatoさん。
そう全員がNumeriの日記を読み6/21 ファフロツキーズ、デブpatoを想像していた通り一時は100キロを超していた!
しかし、わざわざこのイベントのために20キロの減量に成功!2010年6月に106キロあった体重が、イベント当日は86キロだそう!すげーよ!patoさん!(8/24 pato式ダイエット

現在は東京在住。ちなみにNumeriの更新時間は一本一時間から二時間だそうです。

125


サイトについての細かい説明

Numeriは2001年10月22日に開設。
当初は伝説のテキストサイト“侍魂”と同じサーバーから始めたことや、過去ログは他人が作っているもののリンクをそのまま張ってることをさらっと、ではなくずらずらっと説明したあとは、10年続くNumeriのサイト構成の変化を六期に分けて紹介。

patoさん
「第一期はもうクソですよ、クソ!最初はニュースをつけてましたが、第三期ですっぱりやめました!僕はこの頃が一番のお気に入りです。第四期が一番ヌメラーに馴染みがあるはずじゃないですかねー」

そして、Numeriのメインコンテンツは日記ではなく、あくまで『マイ芸能人ランキング』だと主張して、ここからpatoさんの怒涛のアイドル論が始まった!

135
もう誰にも止められないアイドルの話。

韓流好きのおばちゃんのキャーという歓声が1Pで、100Pで1ゲーム差だったなど、ランキングのポイント制だったころの裏話をはじめ、サイト開設以前から10年以上続けるpatoさんの追い続けてきたアイドルたちの歴史!とにかく身振り手振りも加えて語りまくるpatoさんはもう誰も止められない!暴走!

「第一次安定期は90年代~2000年代の広末でして…ぺらぺら…2002年頃は戦後混乱期としてそのときのお気に入りのAV女優も加える始末!…ぺらぺらぺら…第二次安定期は大塚愛で!…ぺらぺらぺらぺら…『一生俺はこの娘を愛す』という誓いをNumeriキャラバンでたて、『ライブを観にいかない宣言』までしまして!…大塚愛の結婚報道のときは2chに『pato自殺』とかいうスレが立ちましてね!…ぺらぺらぺらぺらぺらぺらぺら…三角形のイデアというのを知っていますか!僕は大塚愛イデアというものを提唱していまして、真の三角形とは概念であり、また大塚愛も概念であり…ぺらぺらぺらぺら…アイドルというのは結婚して迷走していくパターンが多くて…ぺらぺらぺらぺらぺらぺらぺらぺらペロリぺらぺら…」

145

 

司会も苦笑しつつ、見守る

松嶋さん
「ちょっと長くしゃべりすぎだから!時間押してるし!飛ばしてよ!」
ナオさん
「そろそろ、次行きましょうね!」
patoさん
「大塚愛さんの結婚以降はいろいろ迷走して、2011年はようやくAKB48に目覚ました!」

155_2


Numeriの文章の秘密とは!?力説するpatoさん

ようやく、Numeriの日記の説明に移りました。
しかし、「僕は日記の部分はゴミだと思ってます!」とまたバッサリ。

テキストサイトアーカイブスでは「不条理文学」「まるで螺旋階段を駆け上がっていくような独特なスタイル」と称されたり(ただし、サイト名は誤表記されている)、twitterでの「ただし、長い。だがそこがいい」発言を経て、松嶋さんの「最初と最後の3行を読めば他を読む必要はない」を紹介した上で、段落を駆使して戦略が練りこまれて作られているというNumeri文章構成を力説。

「みなさん、Numeriのサイト構成について説明します!気づいた方いますか?よく見てください。わからなかった方は覚えて帰っていって親戚に話してくださいね!
いいですか!あくまでネット上の話ですが、文章はリズムです!
こんなに深いことまで考えてるの!なのに貴方たちは最初と最後の三行でいいなんて言えますか!いや、言えないだろう!」

前半は等間隔で段落を刻んでリズムを出し、後半は段落はわざと短く段落が不均質にして疾走感、ハラハラ感を演出する。そして、最後のオチで、前半の段落の長さに戻すという構成だったのだ!

松嶋さん
「ははは、ごめん。でもそれにしても長過ぎるよね!」
patoさん
「なおちゃん、飽きてるよね!むっちゃ飽きてきてるよね!?」
ナオさん
「そんなことないですよー(目を逸らしながら)。ところで会場の女の子も相当可愛い方多いですよね!」

16


「グラフとか僕はこういうのがすきなんですよー!」とpatoさん

Numeri10年の日記本数と更新率を分かりやすくグラフ化!2010年はなんと2本のみ
更新しないpatoさんの元へは「pato 更新しろ」「pato 死ね」「pato 産まれてくるな」「pato タイムマシンに乗っておまえの両親が恋に落ちるのを食い止めてこい」だの罵詈雑言のメールを紹介。
このほかにも、1日記1本当たりの文字数もグラフ化!10年間で一番長いのは2本しか書いていない2010年こそが10601文字あったのでした!

最長日記は「債権回収業者と対決する21781文字
最短日記は「いつもそばに11文字
Numeriの総文字数は4032213文字!!!!

このグラフなど資料を作るために、patoさんはお盆をずっとワードにテキストを貼り付ける作業をされていたそうな。。

17


twitterで呟く暇すらないぐらい真剣に聴くヌメラーの皆さん

「最も読まれた日記」「最も苦情が来た日記」「気に入ってる日記」などの説明があり、Numeriのメディア展開について。

「漫画化もされたんだけれど、patoのキャラクターは全部のコマ『おっぱいもみたい』しか発言しなかったり、日記の内容パクられた出版社から『パクリのことは水に流してうちで一本書きませんか?』とか『マイナスイオンに文句つけてください』とか頭のおかしい注文をつけられながら書きました!」とか裏話てんこ盛り!

予定の半分も進んでいないまま、ここで店側より休憩の強制要請が。

「じゃあ一度休憩しましょう!お客さんはあったかいんですが、ヌメリナイトはスタッフが逃げまくるイベントなんですよ!オープニングの動画も人に頼むはずが結局僕が動画ソフト落とすところから始めて6時間かけて自分で作りましたし!松嶋に頼んだら8割自分の写真を送ってきて使えませんでした!」

ようやく第一部が終わりました。。これで一時間とか濃密すぎる!

18
再開後も前半に収まらなかった第一部の内容からスタート!

休憩後は、Numeriというサイトがなぜ出来たのかを説明!
2001年9月11日の同時多発テロににショックを受けたpatoさんが「非日常・価値観の崩壊・パラダイムシフト」という当時の空気を受け、40日後にNumeriを作るというもっともな流れのはずが、なぜか1999年へ
当時大学生で研究室にいたpatoさんの友人である“西川君”の「セフレもできるよ!」という発言によりネットの世界へ期待を抱き深みにはまるpatoさんの若きネット開拓時代が明かされた!
「受身ではダメだ。自分から何かを発信ていかなければセフレはできない」と気づき、受信から発信側に回るpatoさん。そして、Numeri開設へ。

19


会場のお客さんからビールの差し入れをもらってご機嫌な松嶋さん

patoさん
「悲しいことも面白いことへパッケージングして笑い飛ばせればいいじゃないかって思ったんですよ。僕はこれを“魂のレボリューション”と呼んでいます!つまり、僕の文章を読んでる人の“心の潤滑油”になりたいんです」

幼いpato少年がミニ四駆を購入すると、車の走りをよくするために必ずついてきた潤滑油“グリース”。これをpato少年はぬめりと呼んでいた。
ここからサイトの名前が決定したのでした。

20


とにかくヌメラーが喜んでやまない細かすぎる説明の数々。

ReadME!のランキング参戦の話から、patoという名前の由来(こち亀の『両津パトリシア勘吉』のパトリシアから)とネットを始めてから16年使っているものの、ちょっといい英和辞典には「pato=ホモ」とあることなど。一時は本名より呼ばれてたそう。

21

本来はここで休憩予定でした。やはりエヴァを意識していた模様。

しかし、2007年時は一日3万人の読者を誇ったNumeri。2010年の更新はたったの2回、という話が蒸し返されます。

patoさん
「もう閉鎖でしょ?とか会社の同僚に言われてヌメラーの皆さんは悲しい思いをしていたと思うんですよ!でも安心してください、2011年はガンガン更新しますよ!」
松嶋さん
「会社でNumeriの話とか、そんなん言えるかい!恥ずかしいわ!」

●第二部●
Numeriの歴史

23


Numeri年表。古参ヌメラーにとって懐かしい思い出多数で涙ぐむ会場。

patoさん
「2002年からラジオを始めたんですが、サーバーを落としまくって“サーバークラッシャー”って呼ばれて嫌われてましたね!クリスマスも彼女いるのにラジオやったりね!」
松嶋
「そりゃふられるよ!」

●Numeri5大イベント

1.Numeri深夜の野球大会@大阪 (2004.10.16)
2.Numeri-OFF TOKYO@東京ビッグサイト(2003.08.09)
3.Numeriナイト~深夜のサバト~@新宿ロフトプラスワン(2005.03.04)
4.モンゴル放浪記 (2005年8月、2007年8月)
5.Numeriキャラバン2004

24


ここでは書けない裏話も盛りだくさんありましたとも!

patoさん
「モンゴルは抽選で決まったんですよー。8割がモンゴルって書いたくじひかされて、そりゃモンゴルになるじゃないですか!モンゴル人にNumeri本売ったりしましたよ。向こうは紙が記帳なんで、ぺらぺらぺらぺらペロリぺらぺら…」
松嶋さん
「うん。ここみんな興味ないよー。しゃべりすぎてんだから飛ばしてよ!」
patoさん
「(シカト)ロシアと中国の国境あたりを行った時は危険でねー、銃弾とかかすめていったね!ぺらぺらぺらぺらペロリぺらぺらぺらぺらぺら…!」
ナオさん
「そろそろNumeriキャラバンについてお願いします!」

語りたいことは語らないとすまないpatoさん、それを喜んでニヤニヤ見つめるヌメラー。
司会だけ大変そうです。カルカル側のスタッフの指示も飛んでたようでハラハラしっぱなしのようでした。

26


Numeriキャラバンに参加されたお客さんも多いのか暖かい雰囲気の会場。

Numeriキャラバンとは、700部からある自費出版本「ぬめり」を持ってpatoさんが日本全国売りに行くというもので、実に日本全国59箇所1,800人と出会うNumeri5大イベントに最も相応しい伝説のイベント。
それだけに「茅ヶ崎0人事件」「成田空港ピンクローター事件」「福岡女子『patoさん本気で気持ち悪い』事件」など逸話も沢山。

中でも「pato殺害予告事件」「新潟に売りにきたら刺し殺してやるからな!」という過激なメールが舞い込むも「でもその日は都合が悪い。〇〇日にしてくれ!」とのやりとりを経て、patoさんは日にちも変更し腹にマガジンを仕込んで新潟にいったものの、結局は何事も起こらず平和に終わったというヌメラーにはお馴染みの事件。

27


Numeriといえば、変態レィディオ!

「24時間放送中に普通に7時間寝ちゃったときは『俺って結構大胆だな…』とか思っちゃいましたね!2005年は放送中にうんこ漏らしたりもね!2006年はオナニー世界記録に挑戦して世界記録樹立(非公式・34回)しましたよ!今、みなさんは世界一の男の話を聞いてるんですね!!家帰ったら親戚に自慢しちゃってください!!」

●企画倒れの企画(放置しっぱなし)

「第二回オナッセイ大賞」などは募集だけして放置。アイドル「ぬめっ娘」プロデュースというものもあって、AKB48成立以前からpatoさんが考えていた企画。司会のナオさんはその候補だったそうな。でも、放置!

28


Numeri事件簿!

テキストサイトまとめwikiには「管理人は変態」と重要なことだから二度書いてあるという。
しかし、そんなことより、某サイトによるNumeriパクリ事件Numeriをパクった挙句出版した上逆にNumeriをパクリと主張)の全貌がpatoさん自身により微にいり細にいり明らかに!
雰囲気が変わり静まり返る会場。唯一の笑いどころはpatoさんの名言「アナルをペロリですわい!」がこの件でニュースサイトに発信されたことと、二冊目を出したが全く売れなかったことのみ。

●pato結婚疑惑

「patoさんって結婚してるんでしょ?」って質問がよく来るpatoさn。10年のNumeriの歴史の中でプロポーズしたり、結婚宣言していたりするのがその理由。
実際にヌメラーの女性数名とお付き合いはしていたそうですが、現在全て破局。ふられた理由は「加齢臭がするから」

patoさん
「わけがわかんないですよね!加齢臭って!…松嶋、俺って、本当に加齢臭するの?」
松嶋さん
「いやさあ、近くにいるからわかるんだけど、口はめっちゃ臭い!」
ナオさん
「私はそんなことぜんぜん思わないですよー(棒読み)」

そんなこんなでヌメラー女性は頭がおかしい!と結論づけたpatoさんは非ヌメラーの女性20歳と付き合っていたため2010年に2回しか更新しなかったと暴露!
しかも彼女に400万ほど貢いだあげく、ふられて泣きながらラジオしていたそうです…

一体どこからそんな金があったかは本人も疑問のため、泣いたのはふられたことより400万が惜しかったからとのこと。

30_3

休憩をはさんで、ヌメラーからの質問コーナーへ。

「Numeriが閉鎖するときってどんなときですか?」閉鎖しません
「いつも不幸なpatoさんですが、ここ最近で一番不幸だったことはなんですか?」血の誕生日事件(2011年8月11日)
「日記に書いていることは真実なのですか?」→基本的に真実です

「イヤになったら2010年みたいに更新しないだけで、閉鎖はしませんよ!ちょっと面白くするために盛ったりもするけれど基本はそのまんま!でも、君たちだって名探偵コ〇ン読んでて、本当に殺人があんなに起こるのかとか突っ込んだりしないよね?」

「patoさんの実家やお父さんを見たい!」→…

●第三部
Numeriの舞台(実家)

32_2
凄い量のpatoさん実家近辺の写真。ヌメラーおお喜び!

日本一人口が少ない県である鳥取県の境港市出身のpatoさん。
次々スライド写真を解説するpatoさん

「鳥取はスラム街ですから黒人の少年が物陰に…ぺらぺら境港ってところは最近は水木しげるロードとかできて、それまでシャッターしまってた小さな商店街が節操も無くみんな土産物屋に変わったりして…ぺらぺらぺら…ここが、僕が通っていた保育園で、幼き僕がなぜか運転しちゃって車で激突し壁をへこませるってことがありまして!…ぺらぺらぺらぺら…よく日記に出てくる金持ちの家がここで…ぺらぺらぺら…このステーキハウスは弟の当時好きだったこの家で…ぺらぺらぺらぺらぺら…ここがぼくがお腹をくだして野グソをしちゃったとこなんですが…ぺらぺらぺらぺらぺらぺろりぺらぺらぺらぺら…

松嶋さん
「すっげーどーでもいい!」 

そして、やはり散々ネタにされることの多い弟さんの幼少時代の写真やTシャツも暴露。

サーカスの真似をして腕を叩き折られる事件」「三番アイアンで眉間を叩き割られる事件」「イワタニガスジャンヌダルク事件」など涙なしには読めない兄弟の記録が蘇ります。

patoさん
「なんか二人とも、120人の前で見せるから写真撮らせてほしいって頼んだら、『肖像権が!』」とかどうのこうのうるさいんですわ!」

●対決シリーズ

36


ずらっと並ぶこれまでの対決シリーズのタイトルリスト

Numeriには書かないものの、メールアドレスが流通しまくっていて現在ではよく架空請求会社や悪徳金融会社に訴訟を起こされているとのこと。

patoさん
「たまに『裁判所なう!』ってつぶやくのはそれです!」

今でこそ無視すれば大丈夫といった対処法が浸透しているものの、今度はそれを悪用して支払い催促や小額訴訟をする手口に変わっているのだそう。

38


3時間にも及ぶ絵画商法(エウリアン)との対決の様子を!

というわけで、イベント終了時間15分前にも関わらず、秋葉原で実際に100万円の絵を売りつけられるという3時間にも渡るpatoさんと絵画商法との対決の実録が、龍亜種先生のイラストともに会場ではしょりながら再生されました!とにかく1円でもいいから売りつけるという手法を説明

patoさん
「ここ聴いてくださいよ!『僕んちアパートなんで飾る場所ないんで…』って言ったあとに『あははは!』って笑ったんですよ!もう一回聴きましょう!なんですかこの笑いは!わけがわからない!エウリアンめ!もう一度聴きますか?この『あははは!』」
松嶋さん
「もうやめて!ビンゴする時間なくなるから!」

412


大盛り上がりのビンゴの様子。当たったかたおめでとうございます!

ヌメラーの目がギラギラ光る大ビンゴ大会!入場券の番号で抽選しました。
景品は「ぬめり本1・2」「patoさんカバーCD」「チャゲアス生写真(実家で発掘)」「メイド生写真」「ヌメリナイト限定Tシャツ三種類」

…のはずが、patoさんがパチンコの勝利金で使わないのに買ってしまったという「ニテンドーDS(3D)」をビンゴ景品として放出したことから場は一変!

「そのiPadもいっちゃいましょう!」「むしろ、その鮫のバッグ(patoさんの私物)がほしいです!」「会場に設置されたパネルも持って帰りたいです!」

41_2


ヌメラーたちのとめどない要求に悩むpatoさん

patoさん
「完全に趣旨変わってるよね!ビンゴ大会じゃなくて俺の身ぐるみはぐ会になってるじゃない!iPadなんて俺の個人情報入りまくりだし、バッグあげたらどうやって持って帰ればいいんだよ、荷物!…うーん。じゃあ二次会やるから残ってくれたら放出するかも!」

え?二次会?!そうなんです。
急遽、このまま二次会が開かれることになりました!

42


感動のエンドロール Numeriの10年の歴史の関連者の全ての名前が!

当然のごとく時間がオーバーしまくっていたため、
かなり適当にイベントの終了が告げられ、再び会場が暗くなり流れ出すエンドロールが。しばし、余韻に浸りながらエンドロールを見つめる客席のヌメラーの皆様。

43


patoさんに群がり2ショットや握手を求めるヌメラーの皆様。

二次会準備の間、patoさんが会場に戻ってきたら即撮影&握手会タイム
松嶋さんナオさんにお願いするヌメラーも多い!
patoさんはカップルで撮影依頼しにくるヌメラーに
「あ、そう!付き合ってんのかー!5年以内に別れるけどな!」「今日やったの?」とか呪詛をはきつつ祝福してたり、女の子同士で来た子たちには「彼氏いないの?じゃあ、俺と付き合おうよ」

と絡んだり、男はお約束で軽くスルーしたり、ちゃんと一人ひとりをいじっていました。サービス精神の賜物です!

44


店長からのサービスパスタも2皿でました!

二次会開始!二次会でも50人以上残ったヌメラーの皆様。
カルカル史上でも初めての脅威の人数に店長から振る舞いパスタが!
一次会よりラフな形でスタート!
トーク中は大好きなコーラを全く飲めなかったpatoさんもようやくビールで乾杯!
…と同時に客席の全員と乾杯しにいくpatoさん。

patoさん
「どーせおまえらヌメラーは一人で来てるやつ多いんだから、この機会に同じテーブルのやつらと声かけあって仲良くなっておけよー!これまでのNumeriオフで結婚したカップルも多い!勇気をだして女の子にも声かけとけー!」
松嶋さん
「本当にここでカップルとかできたら僕らすごい怒りますんで!結婚しても俺やpatoを絶対に式に呼ぶなよ!」

466_3
どんどん身包みをはがされていくpatoさん

一次会終了時に約束したとおり、二次会のメインは『patoのものはなんでも奪え!』という空気蔓延する狂乱の宴へ変貌!
渋りに渋っていたpatoさんの抵抗も虚しく、結局、会場のパネルはもちろんのこと、持っていた鮫の鞄やiPadまで当選者に後日郵送してまでプレゼントすることに。

しかも、パネルに一次会で抽選して貰われてったはずの景品「メイドさんの写真」が置き去りにされ挟まれていたことが発覚!patoは激怒した。顔を真っ赤にして激怒した。ヌメラーは大笑いして、再びプレゼントされていました。

47


松嶋さんによるオープニングやエンドロールNumeri動画の解説つき

イベントのために20キロ痩せたpato式ダイエット方法が展開されつつ、
実は二次会の間に、Numeri忘年会@東京カルチャーカルチャー開催が決定したり、大阪でヌメリタウンミーティング開催が決定したり、重要な内容がガンガン発表されつつも、やはり時間の関係で二次会も終了の時間に。

48


patoさんの一本締めによって無事ヌメリナイト2終了です

patoさん、松嶋さん、ナオさん、ヌメラーの皆様お疲れ様でした!
Numeri関連イベントは今後もヌメリナイト2.1仙台、ヌメリナイト2.2大阪が詳細未定ではありますが、控えていますよ!カルカルでは忘年会でお会いしましょう!

この場でしか味わえない空気と生patoさんのエネルギーを感じるために、ヌメリナイトにおいでませ!

Pato
二次会参加者全員の集合写真

 

(ライター・raku)