ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『sho様のスゴイ!授業シリーズ第1段 ~ブラックホールと宇宙~』:金髪の異色天才科学者多田将ことsho様による世界一分かりやすいブラックホールの講義遂に開催!(2011.10.23開催)

2011年10月28日

2011年10月23日 開催
金髪ギャル語でブラックホール? 今!Shoさまがスゴイ!
『スゴイ!授業シリーズ第1段 ~ブラックホールと宇宙~』

カルカルでは、お馴染の金髪科学者Sho様のたのしい授業シリーズ第1段

800cimg0620_2

今回は『ブラックホールの秘密に迫る!』
800cimg0765
スペシャルドリンクは・・・「ブラックボール」

この特別授業の教壇に立つSho様は、今日もバッチリ決めてます
800cimg0763

さて、Sho様こと「多田将(ただしょう)」さんは、高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所助教
800cimg0623
先日書かれた書籍があっという間に重版される、今一番注目の科学者の一人です

今回解説してくれるのが『ブラックホール』ですが・・・

会場でSho様の話を聞けば、本当に良く解る面白い話なのですが・・・これをレポートで伝えるのは無理!
そんな訳で、本当に楽しい授業の風景と流れをドンドン紹介します

ところで・・・

ブラックホールってなに?(゜_。)?

誰もが1度は耳にしたことある言葉で、たしか・・・何でも吸いこんじゃう暗黒星雲みたいな気もするけど、正直良く解らないのが本音

800cimg0627
難しい数式で表現されてもさっぱり解らないけど、それを解りやすく解説してくれるのがSho様の真骨頂

800cimg0637
たとえば、地球が半径8,9mm以下の大きさになったらブラックホールになるんだって!

「ブラックホール」とは「小さい」ことが最重要!

歴史的に見ると、ブラックホールの始まりは紙の上での計算で生まれた物で、当初は宇宙とか天体とは、かけ離れた数式だった。
800cimg0668
それにしても、第一次世界大戦中に塹壕の中で考えたらしいけど、そんな場所で計算しちゃう科学者ってすごすぎる・・・

ちなみに「ブラックホール」の原則は20世紀始に考えられていたが、「ブラックホール」という言葉が生まれたのは50年後のこと

では、ブラックホールは実在するのか?

最初は数学的な遊びと思われていたが、星が重力崩壊することによって生まれるということを考えた人が出てきた!

結論から言ってしまうとブラックホールは存在する!

では、なぜブラックホールができたのか?

太陽(恒星)が安定しているうちはいいが、100億年の寿命に近づくと重力によって星は小さくつぶれてしまう
800cimg0687
この人が考えたらしいけど・・・この人って(ロベルト・オッペンハイマー マンハッタンプロジェクト、原爆の研究者)

でも、星が縮むなんて実際にあるの?

実は、ぎっしり詰まった星も原始のレベルだとスカスカ・・・強い力(超強靭な重力)があれば、星も原始レベルでくっついて「すべてが中性子に変わる」可能性があり、結果星は最後を迎えることになる・・・

そして、太陽の30倍以上の星が中性子まで圧縮した場合に起こるのが『ブラックホール』

コレが何でもかんでも吸いこんじゃう見えない天体
800cimg0706
ブラックホールは地球の近くには無い、あれば回りの光がゆがんで見えるはずなので、とりあえず一安心

そんな難しい話なのだが、これがSho様にかかると、あたかも自分が見てきたかのように感じるからすごい
800cimg0699
会場には小学生からご年配の方まで、たくさんの人がこの面白い話に聞き入っていた

800cimg0715
普通に聞いたらチンプンカンプン?な話も、図と解りやすい解説で、理解できるからスゴイ

そして、この図解の後には・・・こんなレア画像も!
800cimg0724
目には見えない光を捕らえることができるカメラで見ると、ブラックホールから噴射されるジェットガスが見える!

理論と計算の後に、ちゃんとした結果まで見せてくれるのがSho様流

ちなみに、小型のブラックホールにはいろいろと利用価値があるようで、ごみ処理施設や発電所に利用できると言う科学者もいるとか・・・

陽子より小さなブラックホールは無くなっている可能性が高い、ブラックホールは蒸発する!
800cimg0755
天才物理学者・ホーキンス先生まで登場!

ブラックホールとは・・・この難しい話を楽しく聞いて前半は終了
800cimg0761
休憩時間はサインを求められるSho様、この日用意された物販はSOLD OUT!

後半は、アインシュタイン博士から・・・
800cimg0781
シュタインは数学と物理の天才だが、実は「語学」がダメで大学を落ちたらしい・・・

さて、後半はものすごく難しそうな話「相対性理論」だが・・・

その話の結末は誰もが知ってる便利な道具の話へと行きつく

800cimg0833
難しい話なのだが、こんな図解で説明してくれるので、非常に解りやすい

800cimg0871
なんでも、未来行きタイムマシンーンなら可能性はあるらしい!

『ブラックホールの時間と歪』
ブラックホール(すべてを飲み込む)ホワイトホール(すべてを吐き出す)
2つをつないだ物をワームホールと呼び、これは数学的にできる!

まだ誰も発見してないホワイトホールなども数学的に見れば非常にリアルな答えが出てくるらしく・・・
800cimg0910
結果、これを駆使すると『どこでもドア』ができ上がるのだ!

ただし・・・「どこでも」ドアではなく『どこに出るかわからないドア』また『抜けたら帰れないドア』になる可能性が高いらしい・・・

そりゃ困った・・・( ̄o ̄;)

今回のイベントは、SFの世界「ブラックホール」が数学的に考えられ、実際に天文に実在し、それを科学的に考えると「夢の道具」までが可能になると言う、おもしろい授業でした。

是非一度、皆さんもSho様の授業を直接受けてみては、いかがでしょうか?

とっても難しいと思っていたことが、実は身近な所に見え隠れしているのが良く解りますよ。

800cimg0940
授業が終わっても、先生に質問する素敵な生徒さんも多数見られた素敵な光景

《ライター・クロスケ》