ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『田中宏和運動全国大会2011~同姓同名集めギネス記録挑戦!50人越え田中宏和ライブ!!』ライブレポート:カルカルでギネス申請!?話題の同姓同名イベントが1年ぶりに開催!!(11.10/15開催)

2011年11月22日

Top_tanakahirokazu

巷には多くの『世の中には二種類の人間がいる』という表現があります。
」か「」か。
冒険者」か「傍観者」か。
夢を追うもの」か「現実に追われるもの」か。
そして、カルカルのイベントで新たな分類が生み出されました。
それは「田中宏和」か「田中宏和じゃない」か、という分類。
同姓同名を集めるイベント「田中宏和運動全国大会」が今年も開催されました。
「何それ?田中宏和って?」と思っている方は、
先ほどの分類でいうと「田中宏和じゃない」側の方でしょう、きっと。
そんな方がこのイベントを見ると、
自分が田中宏和じゃないことに悔しさを感じるのではないかと。
今回の「田中宏和運動全国大会2011」の目的は「ギネス記録に挑戦すること」。
無事にギネス挑戦は出来たのでしょうか?
カルカル史上、最も出演者が多いイベントとなった
「田中宏和運動全国大会2011~同姓同名集めギネス記録挑戦!50人越え田中宏和ライブ!!」
の模様は以下から!!

Photo01_2
いよいよ、ギネスへの挑戦が始まります!

「で、田中宏和運動って何なんだ?」とお思いの方もいらっしゃると思うので、
簡単に田中宏和運動についてご説明したいと思います。
この運動のほぼ幹事を務めている田中宏和さんが、
1994年のドラフト会議で同姓同名の「田中宏和」さんが近鉄に指名されたのをきっかけに
同姓同名集めをしているものです。
(運動の詳しい経緯などは、公式サイトをご参照下さい。)

Photo02
ちなみに、この方が主宰の田中宏和さんです。
(※田中宏和運動に参加される方は、全員が「田中宏和」さんであるため、
識別するためにニックネームが付けられています。
そのため、この方は「ほぼ幹事」の田中宏和さんと呼ばれています。)

去年の4月にはカルカルで35人の田中宏和さんを集めたイベントが
「田中宏和運動全国大会2010」と銘打って4月に開催され、多くの反響がありました。
(昨年の全国大会の模様は、こちらのレポートをご参照下さい。)
そして、今年の全国大会は、昨年の開催から1年経った4月に開催される予定でした。
しかし、開催まで1ヶ月を切った3月11日。
日本をかつて無いほどの大災害が襲ったことは、記憶に新しいことと思います。
その震災により、全国大会を開催できない「ある事情」が生じてしまったため、
開催が延期されたという経緯があります。

甚大な被害を受けた仙台に「消防士の」田中宏和さんがいたのです。

4月に予定されていた全国の田中宏和さんの中に、
仙台市で消防士をなさっている田中宏和さんがいらっしゃいました。
勿論、消防士の田中宏和さんは、現場で必死に救援活動を行っていらっしゃいました。
そんな消防士の田中宏和さんの活躍と無事を祈り、
元気な姿で参加出来る日を待つことにした、そんな経緯があったわけです。

Photo03
そして開催された全国大会2011には、
その「消防士の」田中宏和さんも勿論参加です!

Photo04
「ほぼ幹事」さんが、「消防士」さんを気遣うメールを送ったところ、
このようなメールが返ってきたそうです。
これは、ぐっときますね。

Photo05
全国大会は、物販も充実しております。
田中宏和Tシャツに、田中宏和本。
真ん中にある記念品は手拭いなのですが、広げてみると

Photo06
こんな感じに、田中宏和のロゴが全面的にプリントされてます。
名前がこうやって記号化されると、何かかっこいいですね。

イベントが始まると、ほぼ幹事の田中宏和さんが登場。
今回の全国大会でギネスを狙うこととなった経緯について、
田中宏和運動の歴史を振り返りながら説明していきます。

Photo07
田中姓は全国4位、135万人いるそうです。

Photo08
田中宏和さんが集まって食事会を開催する場合、
初対面の方がいるときには中華料理を選ぶそうです。
確かに、円卓を囲んでる集合写真が多いですね。

Photo09
「田中宏和のうた」のレコーディング風景です。
ちなみに、今回のイベントでも「田中宏和のうた」が
エンディングで合唱されたのですが。

Photo10
合唱前に画面に映し出されたスライドが、超カオス。
画面に収まりきらない「田中宏和」。
「田中宏和じゃない」人間としては、羨ましいなぁ。

Photo11
今回のイベントでは、田中宏和ソング第二弾
『名前さえあればいい2011』も披露されました。
勿論、作詞・作曲・演奏・歌のすべてが「田中宏和」。

イベントの後半では、今回から田中宏和運動に参加する
「新・田中宏和」さんとのご対面式&あだ名付け儀式が開催されました。
この「あだ名」付け儀式がないと、識別できないですからねー。

Photo12
こうやって、「新・田中宏和」さんが一人ずつ壇上に上がり、
「ほぼ幹事」の田中宏和さんと名刺交換を。
そして、一人30秒であだ名を付ける儀式が行われました。
今回から参加の「新・田中宏和」さんについたあだ名の一部は、コチラ。

税理士」の田中宏和
佐世保」の田中宏和
ういろう」の田中宏和
小顔」の田中宏和
切らしてます」の田中宏和
下着」の田中宏和
ブレザー」の田中宏和
博士」の田中宏和
花祭り」の田中宏和
ポスト」の田中宏和

Photo13
こちらが、「ブレザー」の田中宏和さん。
参加者最年少、小学校1年生(7歳)とのこと。
ご両親と一緒に参加し、他の田中宏和さんと名刺交換をしてました。
いやぁ、初々しい!

命名の儀式が終わった後、いよいよ本日のメインイベントである
「田中宏和でギネスに挑戦」のお時間となりました。
前回の2010年のあと、ギネス社に問い合わせてみたところ、
「同姓同名が50人以上、同時に同じ場所に集まるなら申請受け付けるよー」
といった感じの返信があったとのことで、
今日の一つの目標は50人超えなのです。

ところが。。。

ギネスに申請するために、各人が「田中宏和」であることを証明する
「住民票」を持ってきてもらうことになっていたのですが。
忘れてしまった田中宏和さんも数名いらっしゃるというトラブルが発生。
更には、このギネスに挑戦する時間の直前に、
奥様が産気づいたとのことで急遽帰ることになってしまった田中宏和さんも。
一体、ギネス申請に必要な人数は整ったのでしょうか!?

Photo14
一人一人、住民票を手にカルカルへ入場するところを撮影して
書類に添えてギネス社へ送るため、
カルカルのバルコニーへ移動した田中宏和さんたち。
(念のため書いておきますが、これ全員「田中宏和」さんです。)

Photo15
入場後、各人が申請用紙に名前を記載していきます。
(同じ名前が並んでいますが、別々の「田中宏和」さんが書いたものです。)

Photo16
住民票を持ってきた田中宏和さんは、総勢67名!
無事にギネス申請可能な人数が揃いました!
普段は広いはずのカルカルのステージ上から
溢れてしまいそうなほどの田中宏和さんが揃って記念写真です。

Photo17
なお、当日は多くのマスコミ関係者が入っており、
翌日以降の各メディアで大きく報じられておりました。
例えば、はなまるマーケットとか。

といったわけで、無事に必要な人数が揃い、
ギネスへの申請が行われることとなりました。
承認されるかどうかは、もう少し時間がかかりそうですが、
ギネスに認定されればやはり凄いことだと思いますよ、これは。
約17年前に一人の田中宏和さん(ほぼ幹事)が、
田中宏和さん(元ピッチャー)を知ったことから始まった「田中宏和の輪」。
それが世界に認められるんですもの。

Photo18
「ほぼ幹事」の田中宏和さんの溢れんばかりの行動力が、
今回のギネス申請に結びついたのです。
これは、認定されて欲しいなぁ。

次の目標を聞かれ、
「ライバルがいないと張り合いが無い!!」
との声が田中宏和さんたちから聞かれました。
また、「女性にもこういう同姓同名集めをやってもらって、
同姓同名の大規模な合コンやってみたい!!」との声も聞かれました。
スポーツでも何でも、ライバルがいるからこそ
切磋琢磨して上を目指していけるものですしね。
ギネス申請を試みている田中宏和さんたちにとって
「上」とはどこを指すのか。
一年後に開催されるであろう「田中宏和運動全国大会2012」で
その答えが明かされるかもしれません。
1年後には、田中宏和運動がどこまで更なる成長をするのか。
「田中宏和」な人も「田中宏和じゃない」人も、
来年の全国大会は要チェックですよ!
(と言いつつも、これ以上田中宏和さんが増えたら、
会場に入り切らないんじゃないんですかね?>店長)

Photo19
成長期にある「ブレザーの」田中宏和くんは、
来年は新しいブレザーで来るんでしょうか!?

(うさげん/mixiカルカルコミュニティ管理人)