ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『零士 FUTURE 2011』ライブレポート:松本零士グッズを買って直筆サインをゲットしろ!! 劇場公開予定の次回作「まほろば」制作発表(11.12/18開催)

2012年01月16日

Dsc_8786

カルカル毎年恒例となっている、松本零士先生の物販&サイン会イベント『零士 FUTURE
2011』が今年もやってきました。第一部では来場頂いた方の中から抽選で30名に松本先生がその場で色紙にイラスト付きサインをしてくれるというサプラ
イズ付きで、更に第二部のトークショーでは次回作「まほろば」の制作発表! 早速イベント模様をライブレポートだっ!

●メーテルが目の前でっ! アニメ界の巨匠がアナタのために描いてくれた感動の一枚!

Dsc_8747

世界でも人気を博す松本先生の激レアアイテムを購入できるともあって、会場のお客様の中には外国人もちらほら…。

Dsc_8675Dsc_8678

Dsc_8776

メーテルフィギュア、バッグ、帽子、指輪、Tシャツ、プラモデル…数豊富なキャラクターグッズが飛ぶように売れています。ここだけでしか購入できないグッズも数多いので、お客様は必死&興奮状態。見るからにその熱気が伝わってきます。

Dsc_8810

そして松本先生が登場。
メーテル、鉄郎、キャプテンハーロック…etcと直筆でサインをしてくれた。

Dsc_8855Dsc_8859
Dsc_8864Dsc_8866
Dsc_8841Dsc_8842

●松本先生、プロデューサー、デザイナー、声優と次回作「まほろば」の関係者が集結

Dsc_8907

「まほろば」の関係者がズラリ壇上へ。

Dsc_8935

「まほろば」とは生きるために戦う船、絶対に死なない船、またキャラクターは我が子であり、生みの親が我が子を殺すわけない。私の作品はなるべく人が死なないようにしている! と作品への思いを熱く語ってくれた松本先生。

Dsc_8998_2

また松本先生は、長年支えてくれたスタッフ達は同志であり、先生の難しいオファーにもめげずに応えてくれるスタッフ達に感謝の言葉を贈った。SF作
品はリアルさも問われるので、メカの細かいパーツの部分まで丁寧に作業しなくてはいけない。もしこれを一人でやっていたら一生終わらないだろう。時には議
論が白熱し言い合いすることもあるが、それはそれ、これはこれとして、アニメとは皆で支えあってはじめて成り立つもの…と熱く語ってくれた。

Dsc_8967

プロデューサー 高見義雄さんが松本先生との思い出を語ってくれた。東映撮影所と松本先生の仕事部屋が自転車で10分程度の距離であったので、困ったことや確認が必要な場合は直ぐに駆け付けてくれたとのこと。
※松本先生曰く「自転車ですっ飛ばせば3分!」

Dsc_9113

また、今回の作品が多国籍となっている理由について松本先生は、日本アニメを全世界の人が見てくれるようになり、国籍の壁がなくなってきている。これから環境問題、戦争など世界一丸となって取り組まなければいけない、そういう思いを込めているんだ!と語った。

Dsc_8996

更に、声優
潘恵子さんが「アニメが人種の壁を越えて多国籍となると演じ難いのか?」という質問に答えてくれた。「アニメは元がないから特にそういうことはないが、韓
流ドラマの吹き替えはやりづらい経験があった。アジア人の顔に他の国の言葉を宛がうとしっくりこない気がする。」とのこと。

Dsc_8951

2012年7月15日、16日に群馬県富岡市にて、上信鉄道プレゼンツ 零士ワールドサミット開催予定!富岡市立美術博物館で松本零士展(7月15日から8月末)、富岡製糸場でコスプレ大会、アニソン大会を計画中。

Dsc_9118_2Dsc_9136

最後は当イベントポスターや上信鉄道の「銀河鉄道999」に、出演者達全員がサイン。それを抽選してプレゼント!ほっ欲しい…。

Dsc_8718

恐竜が絶滅したと同様に、このままでは人間が絶滅してしまう。それを回避するため、これからの世界は人種も性別もセクシャリティも境界線があってな
いけない、人々が手を取り協力していく世の中になっていかなければならないと、松本先生はイベント中、仰られておりました。その様な思いを込め、宇宙戦艦
「まほろば」はどこへ向かって、どこへ進んでいくのか?これは劇場で確かめてみるしかない!

ホシスミレ/へんしゅう&ぶんぴつ家