ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

田中ひろみの神社に行こう! ~イチからわかる参拝案内~ライブレポート(2012.1/22開催)

2012年01月30日

日本一わかりやすい神社入門書「田中ひろみの神社に行こう! ~イチからわかる参拝案内~」(講談社)の出版を記念して開催された本イベント。

老若男女、幅広い層のお客さんが詰めかけました。

神社への関心の高さを伺わせます。

雅楽のBGMが厳かな雰囲気を醸しだす中、開演です。

 

Sany0407

著者、田中ひろみさん。

天平時代の衣装を身にまとっての登場です。

 

Sany0405

「神社に行こう!」編集の與澤舞さん。

與澤さんの衣装は古墳時代のものだそうです。

Sany0285

本日の司会、東武志さん。

BS時代劇「塚原卜伝」に鹿島景幹役で出演されるなど活躍中の俳優さんです。

イベントの司会は今回が2回目。とてもそうは見えない司会ぶりでした。

 

今回は参加型イベントということで、お客さんに向けてクイズが。

1問ごとに、正解者には田中さんの著書+お菓子をプレゼント。

これは素敵なお年玉。

 

問1:参道の正しい通り方は?

①真ん中を歩く ②左側を歩く ③逆立ちをして後ろ向きに歩く

 

問2:神社には誰がいる?

①校長先生 ②神主さん ③お坊さん 

 

問3:手水は何をするところ?

①鳩の水飲み場 ②歯磨きをするところ ③清めるところ

 

問題が進むにつれて選択肢の力尽き具合が増しています。

Sany0302

正解者多数につき、賞品は田中さんとのジャンケンに勝った1名様の手に。

 

 

Sany0343

クイズが一段落したところでスペシャルゲスト、

神主の吉田さん。

参拝の作法を解説してくれました。

Sany0322

まずは、手水の作法から。

①柄杓を右手に持って左手を清める

②柄杓を左手に持ち替えて右手を清める

③柄杓を右手に持ち替えて左手から口に水を含み、すすぐ

④左手を清める

⑤柄杓に残っていた水で取っ手部分を流す

以上を一連の動作で行う、というのが手水の作法でした。

 

それにしても、柄杓の代わりにおたま……。

用途は近いものがありますし、これはこれで大丈夫?

Sany0330

そして、参拝の方法を実演。

「二礼、二拍手、一礼」は有名ですが、

 

この前後に一揖(いちゆう)するのがより望ましいやり方だそうです。

 

なお、出雲大社(島根)では二礼、四拍手、一礼、

伊勢神宮(三重)では神官のみ八拍手、といった決まりがあります。

Sany0335

本日の特別メニュー、巫女さんカクテル(ウォッカ+いちごシロップ+カルピス+ソーダ、画像)と巫女さんヨーグルト(いちご+バナナ+プレーンヨーグルト)。

紅白で縁起が良い彩りです。

 

Sany0351

芸能界初の巫女ユニット・かぐやの皆さんによる舞。

皆さん、巫女としての研修を修了しています。

神主さんもいるし巫女さんもいるし、この日のカルカルはさながら神社の様相。

普段よりも神秘的なムードでイベントは進みます。

 

Sany0369

イベントは後半へ、ここで日本唯一の神社ファンコミュニティ&ポータルサイト「神社人」代表の東條英利さんがゲストに登場。

「神社とは?」から「初詣」や「お年玉」の成り立ちまで、目からウロコがボロボロと落ちるトークセッションとなりました。

 

ちなみに本日のイベント、お客さんの入場時におみくじが配られていました。

大吉を引いた方には景品が。

お年玉の大盤振る舞いです。

 

会場のお客さんからアンケートに答える、田中さん、興澤さん、東さん。

3人からそれぞれ目標、抱負の宣言がありました。

Sany0394

田中さん「ミリオンセラー!」

 

興澤さん「古事記の本を作りたい(あと彼氏欲しい)」

 

東さん「アトリエッジのメッセージ“Pray
and Play”
を伝えていきたい」

 

Sany0399

最後に、吉田さんによる禊祓いが行われました。

2012年、良い年でありますように。

 

(ライター・ニセ生物)