ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『第4回インデックス投資ナイト』ライブレポート:アナタのお金はどうなる? 生活費を見直し、資産活用で老後に備えろ!(12.1/7開催)

2012年02月10日

Dsc_0163

月25万で生活し、90歳まで生きたとします。60歳からの30年間に必要な生活費を計算すると9000万円。その資金はどこから捻出するのか、年金も、退職金も、国の福祉も当てにならないとなると、老後の資金は自分で作っていくしかありません。と言ってもフルタイムで働いているので副業なんてしている暇なんてありません! という方にオススメなのがインデックス投資。今必要ないお金は必要としている人に投資して、そのリベートをコツコツ貯蓄、更にその投資によって景気回復したら一石二鳥ですよね!

投資について今一度考え直すイベントが、この『第4回インデックス投資ナイト』だ。

●投資ブロガーが選ぶFund of the year 2011

・第3位 eMAXIS 新興国株式インデックス、三菱UFJ投信

Dsc_0189
↑三菱UFJ投信 商品企画部長 代田秀雄

eMAXIS 新興国株式インデックスは、中国、インド、ブラジルなど世界中の新興国で構成される、MSCIエマージング・マーケット指数に連動するインデックス型の投資信託。

・第2位 結い2101 鎌倉投信

Dsc_0201_2

↑鎌倉投信 代表取締役社長 鎌田恭幸

結い2101 は、国内を中心に社会との調和の上に発展する企業の株式に投資を行うアクティブ型の投資信託。

第一位 CMAM外国株式インデックスe 中央三井アセットマネジメント

Dsc_0219

↑中央三井アセットマネジメント 業務企画部 主席調査役 小林克也

CMAM外国株式インデックスe は、日本を除く先進国で構成されるMSCIコクサイ指数に連動するインデックス型の投資信託。

●第一部 会場も交える討論会
まず第一部では「皆様はなぜ投資を始めたのか?」ということに着眼して議論

Dsc_0257
左から
えんどうやすゆき(司会)
岡本和久
島田知保
花輪陽子
内藤忍

Dsc_0308

会場のお客様もほとんどが投資家。「なぜ投資をするのか?」という質問に対しお客様から、お金の勉強・老後の資金のため・趣味の一環という回答がでる。

Dsc_0357

では、パネリストの方々はどうなのでしょうか?
やはり同様の意見で、現状維持+数十円の利益を得たい、ちょっといい着物を買いたい、旅行の資金に、老後の蓄えとしてなど、生活費のちょっとした+αのような感じで投資しているとのこと。

そして質問コーナーへ…。その中からパネリストからのアドバイスを紹介。

Dsc_0322

貯蓄と投資は違う!
貯蓄はお金を貯めること、投資は今必要のないお金を必要としている人にあげて利益を得ること

Dsc_0339

失敗から学ぶ
大きく下がったとしても、それは止めてはいけないときだったりする。一通りの失敗をするとパターンが読めるようになるので、続けて経験を重ねて、自分のやり方を学ぶことが重要。更に投資したお金がどのように活用されているのか気になるようになって、初めてお金の勉強したことになる。

Dsc_0334

インデックス投資は標準ではない!
インデックス投資をやっているからって、世界の標準を買っているという訳ではないので甘んじてはいけない!

●第二部 インデックスファンド VS 国内ETF VS 海外ETF
第二部ではより専門的な話に…。あなたに合う投資を見極めよう!

Dsc_0387

左から
カン・チュンド
竹川美奈子
山崎元

まずは、インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの概要を説明してくれた。
インデックスファンドとは

Dsc_0378

次に国内ETFとは

Dsc_0381_2

最後に、海外ETFとは

Dsc_0384

なんかピーンときませんが、言葉ではこれ以上説明のしようがありません…。

Dsc_0426

やはりここでも、会場のお客様から投資の悩みが寄せられ、
パネリストが回答する。

・現金が必要な状態の時はどれを解約すべきか?

⇒最低でも1年分の生活費程度の現金は持っているべき。そもそも現金が必要になるのは不景気で儲かっていない時。私だったら儲かっていないものを解約するでしょう。
By 竹川さん

・為替の見通しはどうなりますか?

⇒そんなもの、分かりません(笑)。強いて言うならこれ以上悪くなりません!
Byカンさん

・信託報酬はもっと下げた方が投資しやすいのでは?

⇒投資家目線ではそうかもしれませんが、手数料を安くすると運用会社、信託銀行の儲けがなくなり経営が苦しくなります。そうすると商品が減ってきてしまい、元も子もなくなってしまうので、信託報酬は下げる必要はないと考えています。
By竹川さん

さて投資を始めるにあたって、インデックスファンド、国内ETF、海外ETF、どれから始めたらよいでしょうか? そんな皆様へパネリストがアドバイス!

カンさんのお薦めポイント
Dsc_0410
海外ETF…自分が主人公になれる
国内ETF…円のやり取りとなるので楽チン
インデックスファンド…本業が忙しくほったらかしになりがちな人

竹川さんのお薦めポイント

Dsc_0395
海外ETF…時間に余裕のある人
国内ETF…日本の活性化に期待できる人
インデックスファンド…誰でもできるところ

山崎のお薦めポイント
Dsc_0418_2
ETF…高額投資できる人

銀行で定期預金に100万円預けても1年間の利子は数十円程度。使い道もなくただひたすらプールしているお金があるなら定期預金感覚でリスクの少ないインデックス投資をすることをお薦め。それと同時に生活費の無駄を削減して効率よくお金を貯めることも重要です。家計簿をつけましょう、とまではいきませんが、解約し忘れているサービスはないか、使っていないのに申込しているサービスはないのか、定期的に見直して不景気を乗り越えましょう♪

ホシスミレ/へんしゅう&ぶんぴつ家