ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

好き勝手なモノ作りで知られるおバカなクリエイター三組が夢の共演!『ザリガニワークス presents おバカ創作研究所 Vol.1』ライブレポート(12.03/18開催)

2012年05月05日

『おバカ創作研究所』がついに始動!

好き勝手なモノ作りで知られるおバカクリエイター
ザリガニワークス、現代美術二等兵、乙幡啓子の3組が
カルカルに集結し、奇跡のおバカ競演!

おバカを究め、おバカを独自の文化へと昇華させる!
作っているものはおバカでも仕上がりはどこまでもハイクオリティ!

決しておバカには真似できない”おバカ創作”。

三者三様の「どうかしている創作」の魅力をお台場から発信!

==========

【クリエイター紹介】

[サリガニワークスさん]

武笠太郎さん坂本嘉種さんによるマルチクリエイティブ会社。

「コレジャナイロボ」や「自爆ボタン」「土下座ストラップ」など、
玩具の企画開発、デザインを軸にしながら、
キャラクターデザイン、作詞作曲、ストーリー執筆等々、
ジャンルにとらわれずに「なんでもやります!」という姿勢で
様々な”おバカコンテンツ”の制作を展開している。

武笠さん(イベントの司会進行も担当)
20120318_obakav1_1_108

坂本さん
20120318_obakav1_1_109

[現代美術二等兵さん]

京都市立芸術大学彫刻専攻の同級生、
ふじわらかつひとさん籠谷シェーンさんによるユニット。
サラリーマンをしながら創作活動を続けている。
ユニットと言っても作品はそれぞれが創作し、
展覧会時に持ち寄るソロ二人組方式での活動を展開。

ふじわらさん
20120318_obakav1_1_156

籠谷さん
20120318_obakav1_1_157

[乙幡啓子さん]

カルカルではすっかりおなじみのデイリーポータルZライター。
制作手法的にもネタ的にも破壊力のある作品を作り続けている。

乙幡さん
20120318_obakav1_1_153

イベントスタート!『おバカ創作研究所』、ここに始まる!
20120318_obakav1_1_155

----------

【1.作品紹介】

自己紹介を兼ねて、まずは、
それぞれの作品や日々の活動内容の紹介から!

1)乙幡さんの作品紹介

乙幡さんはデイリーポータルZにおいて
初期の頃から記事を書き続けているが、その過程で、

乙幡さん曰く
「様々な工作にトライして作り散らかす記事が増えてきた!」

では、それらの作品を紹介しよう。

「マグロ解体ショーぬいぐるみ」
20120318_obakav1_1_125

マグロの解体ショーをやってみたかったが、
マグロは非常に高価なので、ぬいぐるみで作ってみたと言う。
これならいつでも気軽に解体ショーを楽しめる。

「サーモグラフィーセーター」
20120318_obakav1_1_126_2

テレビ番組等で温泉に入った後などに良く見る
サーモグラフィーによる体温分布をセーターに編み込んだら
温かく見えるのではないかという発想で作られた作品。
毛糸の値段をケチってアクリルの毛糸を使ったので
見た目に反して実は全然温かくないらしい。

「CR乙幡啓子」
20120318_obakav1_1_127

最近は幾分減ってきた印象だが、2~3年前は
テレビをつければパチンコの宣伝という時期があった。
アニメキャラクターやタレントが次々とパチンコ台に…。

乙幡さんはそんなパチンコのCMを見るたびに
「なんでもパチンコにすんな!」と憤っていたらしいのだが、
ある時、「これがもし自分のパチンコ台だったら?」と考えてみたら、
急にパチンコのCMが待ち遠しくなってしまったという。

…で、実際にそれを作ってしまったというから凄い!

アンパンマンパチンコをオークションで落札し、
バックスクリーンを乙幡さん自身の写真に差し替えて実現!

乙幡さん
「一生のうちに一度は自分のCRを!楽しいですよ!」

「Pop-up baby」
20120318_obakav1_1_128

”黒ひげ危機一髪”を改造して作成したもの。
中央に卵子があり、その周りにあるのが精子。
その精子を卵子のスリットに刺し込んで”当たる”と
赤ちゃんの人形がポーンと飛び出す。

果たして、この子は望まれた子なのか、それとも…。

「タライト」
20120318_obakav1_1_129

天井にタライといえば「罰ゲーム」的な印象を受ける。
その頭上にあると非常に不安なタライを照明器具にする試み。
意外にも柔らかく温かみのある光になるらしい。

乙幡さんはこれらの工作を「妄想工作」と名づけ
デイリーポータルZで、その制作過程を記事にしてきた。
そして、昨年、雑貨の企画・製作を行う「妄想工作所」を立ち上げた。

『妄想工作所』の取り扱い商品をいくつか紹介しよう。

「捕らえられた宇宙人エコバッグ」
20120318_obakav1_1_131

乙幡ブランドの代表作ともいえるのがこのエコバッグ。
しかし、反響の割には思ったほど売れていないらしい。
「一人ではなんとなく持ちにくい」、「若い世代には通じにくい」など
いくつか原因があるのだろうが…。

「ゼンマイゼミ(仮)」(新商品)
20120318_obakav1_1_132

セミがゼンマイでジージー鳴るだけという単機能すぎる玩具。

”ゼンマイ”のついた”セミ”が”鳴る”ことから
「ゼンマイゼミナール」という名前を思いついたらしいが
しばらく経って「いや、それはダメだろう」と我に返り、
とりあえずは「ゼンマイゼミ(仮)」名という商品名に落ち着いたらしい。

「スペース・バッグ」と「アリ・バッグ(新商品)」
20120318_obakav1_1_133

どちらも缶バッジとバッグを組み合わせた商品。

スぺース・バッグは太陽系の軌道が描かれており
そこに缶バッジの惑星を配置していく。
その日の気分で地動説を唱えたり天動説を唱えたりできる。
グランドクロスも自由自在だ。

アリ・バッグはアリの巣の絵が描かれていて
そこに缶バッジの女王アリや働きアリ、餌場などを配置していく。

エコバッグはアイデア次第で様々なネタ商品が生まれそう。
今後の展開に期待したい。

著書「妄想工作(廣済堂出版)」のPR
20120318_obakav1_1_134

出版の記念のイベントもカルカルで開催され盛況だった。
先日、第1刷が完売したとのこと。拍手!!(増刷絶賛未定

2)現代美術二等兵さんの作品紹介

脱力エンターテイメント『駄美術』を提唱
20120318_obakav1_1_136_2

大学の同級生だったお二人。ある時、

お菓子に駄菓子があるように
美術にも駄美術があっていいのでは?

…と、はたと気づいて、
”駄美術”という言葉の下に創作活動を始める。

今年で20周年を迎えるというから凄い…!

「こけしアレー」と「バーチャルスイミング」
20120318_obakav1_1_137

こけしアレーはその名の通り”見た目がこけし”の鉄アレイ。
現代美術さんにとっては”出世作”ともいえる代表的な作品。

バーチャルスイミングはラジコンの車を分解して
半分に割ったマネキンの顔の下に仕込むことで
床を人が泳いでいるかのように見せるというモノだ。

C-C-TRAIN
20120318_obakav1_1_138_2

ネーミングセンスが秀逸すぎる。(笑)

ふじわらさん
「僕らは8割ネーミング勝負です!」

「能面犬」
20120318_obakav1_1_139

「手羽先天使」
20120318_obakav1_1_140

本物の手羽先で型を取って作ったという力作。

手羽先はスーパーで調達したらしいが、スーパーでは
キレイにパック詰めにするために右だけを並べていたりするので
左右両方の手羽先を揃えるのに地味に苦労したらしい。

作品はおバカでもクオリティは高く!
妥協を許さずにおバカを究める姿勢が実に素晴らしい。

「ハリウッド版」と「カマドウマラスカル」
20120318_obakav1_1_141

直江兼続の”愛兜”のハリウッドVer。

カマドウマラスカルはアライグマラスカルと
「なんとなく語呂が似ている」と言うことで作ってみたとか。。
毒々しい色彩がなんとも不気味だ。

「未完の大作」
20120318_obakav1_1_144

ミロのヴィーナスの両腕が別パーツになっているというネタ。

「ちょっと誰か…」
20120318_obakav1_1_143

羽化しようとしているセミの幼虫の背中がチャックになっている。
乙幡さんが「ネーミングセンスがイイ!」とタイトルを絶賛していた。

「よっちゃんイルカ」
20120318_obakav1_1_145_2

某反捕鯨団体の標的にされかねない問題作!?
ちなみに英語表記は「TERIYAKI dolphine」。(笑)

そんなこんなで、このような作品ばかり作っていると
当然、次のような批判(↓)も来たりする…。

「お前らのは美術じゃない!凸(`Д´メ)」
20120318_obakav1_1_146

そんなクレーマーさんには、開き直って

「美術じゃない!駄美術だ!!」

と、切り返しているとのこと。

才能の無駄遣いと言われようと、
美大出身のお二人がここまで真剣におバカに取り組んで
20年も作品を作り続けているのは凄いことだと思う。

「13日の金太郎」
20120318_obakav1_1_148

3)ザリガニワークスさんの作品紹介

ロゴマークがカワイイ♪
20120318_obakav1_1_110

ザリガニワークスさんは有限会社なので
作品というより商品と言った方が適切な場合もあるかもしれない。

ザリガニワークスさんの代表作はなんといっても

コレジャナイロボ…!!

これがかの有名(?)な「コレジャナイロボ」!
20120318_obakav1_1_113

/*— ザリガニワークスさんのプレゼン資料より —*/

 「欲しかったのはコレじゃなーい!!」
 プレゼントを開けた子供から発せられる悲痛な叫び。
 楽しかったはずのクリスマスが突如、修羅場に。
 こんな経験ありますか?できれば避けたいものです。

 しかし、人生欲しい物が何のリスクもなしに手に入るなんて話は
 そうはありません。欲しい物を手に入れる為には努力も必要だという事を
 何かの機会に知っておくのも良いでしょう。

 「コレジャナイロボ」はその絶妙な偽物感、カッコ悪さにより、
 その事をお子様にトラウマ級の効果を持ってお伝えすることでしょう。
 情操玩具として是非お使いください。

/*—————————————–*/

「僕が欲しかったのはコレじゃないよー(泣)」
20120318_obakav1_1_112

ザリガニワークスさんの「コレジャナイロボ」は
まさかの「グッドデザイン賞」も受賞している。

子供をガッカリさせるという機能に対して
デザインがきちんとアプローチされていると世に認められたのだ。

「最高機密封筒」
20120318_obakav1_1_114_3

大事な書類をこの「最高機密封筒」に入れて持ち歩けば、
極秘任務を抱えているような
緊張感を持って仕事に当たることができる(かもしれない)。

使用イメージ
20120318_obakav1_1_115_5

業者さんとの打ち合わせの時に、この封筒に資料を入れて行くと
相手方に社運をかけているように思わせる効果もある(かもしれない)。

姉妹
品として「最高機密ペーパー」もある

20120318_obakav1_1_116

簡単に言えば「水に溶ける紙」。
敵に追い詰められ、最高機密書類を見られるぐらいなら
いっそのこと破棄した方がいいという状況に追い込まれた場合に
この紙で作成した書類なら水に投げ入れることで
最高機密を暴かれずに守ることができる。

使用イメージ
20120318_obakav1_1_117

「巻物レター」
20120318_obakav1_1_119

なんでもEメールで送れる時代になったが
「挑戦状」を送るときなどはやはり巻物が良いだろう。
140円切手を貼れば定型外として郵送が可能。

「自爆ボタン」
20120318_obakav1_1_120

ボタンを押しても何も起こらない単なる飾りものであるが、
両面テープで壁などに取り付けることで
部屋に緊張感を与えるインテリアアクセサリーとなる。

さて、ザリガニワークスさんが手掛けたもので
最近、最もよく目にするのがおそらくコレ(↓)だろう。

「土下座ストラップ」(発売元:奇譚クラブ)
20120318_obakav1_1_121

やはり業者との打ち合わせの時にさりげなく机の上に携帯を置いて
土下座ストラップを相手側に向けると
相手方に何らかの心理的な影響を与えられるかもしれない。

「どうかお願いします!」
20120318_obakav1_1_122

土下座ストラップがかなりヒットしたので
「なかなか次に行けなかった(坂本さん談)」らしいが
満を持して新しい商品が4月下旬ぐらいに発売されるらしい。

新作!「体育座りストラップ」(発売元:奇譚クラブ)
20120318_obakav1_1_123_2

-----

【2.クロストーク&物販紹介】

自己紹介&作品紹介が終わるとクロストークへ!

…と、その前に!

最初に乾杯をするのを忘れていたとのことで、、、

なぜかこのタイミングで「カンパイ!」
20120318_obakav1_1_103

クロストークの話題の中心は…乙幡さん???

ザリガニワークスさんも現代美術二等兵さんも美術大学の出身だが、
乙幡さんは美術とは全く関係のない分野の出身。
デイリーポータルZでおバカ工作の記事を書く中で、
数々の失敗をも繰り返しながら、徐々に腕を磨いていったという
クリエイターとしては異色の経歴の持ち主だ。

武笠さん
「モノ作りをしている人は普通は事前に、
”これはできる!” ”これできない!”を見極める能力があるが、
乙幡さんにはそういうのが全くないんですよねぇ~。」

乙幡さん
「何でも思いつきで作っちゃうんですよ…。
大風呂敷を広げたまま畳めずに締め切りが来て
そのまま記事書いて、布団にもぐって寝ちゃう(苦笑)」

美術系の人はモノを作る際に自分の得意な手法で実現しようとするが、
美術関係をバックグラウンドに持たない乙幡さんの場合は
まさに”何でもあり”なアプローチで創作に着手する。
ザリガニワークスさんや現代美術二等兵さんから見ると
その無鉄砲さがある意味、新鮮で衝撃的なモノであるらしい。

さて、モノ作りをしている3組が集まったとなれば
必然的に充実するのが物販コーナーだ。

物販コーナー
20120318_obakav1_1_105

並んでいた商品をいくつか紹介しみよう。

「コレジャナイロボ(左:通常版、右:無彩色版)」 by ザリガニワークス
20120318_obakav1_1_101

無彩色ヴァージョンはイベント限定品。

武笠さん
「限定品の方がペンキ塗らなくていいから作るのが楽という…。(笑)」

「ぐれダルマ貯金箱」 by 現代美術二等兵
20120318_obakav1_1_102

「現実逃避枕」(左:ポジティブVer、右:ネガティブVer) by 現代美術二等兵
20120318_obakav1_1_104

ポジティブに逃げるか?それとも、ネガティブに逃げるか?

「マイナー動物ビスケット・ポーチ」 by 現代美術二等兵
20120318_obakav1_1_106

ハシビロコウ、カモノハシ、ミツユビナマケモノ…。

ホッケース(ホッケ型ペンケース) by 乙幡啓子(妄想工作所)
20120318_obakav1_1_107

=======

【宿題発表】

イベントの後半は宿題コーナー!
20120318_obakav1_202

3組は事前にそれぞれお題を出し合っており、
その”おバカ創作アイデア”を持ち寄って発表していく。

最初のお題は「ネオ盆栽」
20120318_obakav1_203

現代美術二等兵さんは盆栽風なインテリアを提案
20120318_obakav1_204

お皿の上には何を飾ってもよい。

試しに餃子を飾ってみた実施例
20120318_obakav1_205
(後ろで餃子が臭いと仰け反る乙幡さん:笑)

乙幡さんは「マンホール盆栽」
20120318_obakav1_207
(参考記事:マンホール盆栽のすすめ

風で飛ばされてきた種子によって、
マンホール表面に雑草が生えて緑色になっていることがあるが、
その趣ある光景を盆栽に採り入れたもの。

マンホールはPEに黒のラテックス塗料を塗って作成したらしい。
(マンホールを工作で作る人って本当に珍しい…)

ザリガニワークスさんは「練り盆」で対抗!
20120318_obakav1_209

練り消しゴムを様々な形にして台の上に飾ったシンプルなモノ。
しかし、これがなかなか味わい深い芸術性を感じさせてくれるのだ。

なぜかグッとくる。
20120318_obakav1_208_2

武笠さん
「これが3mぐらいの大きさだったら箱根彫刻の森にあっても
全然不思議はないくらいのクオリティですよ!」

確かに。(笑)

練り盆、お手軽アートとして皆さん、いかがですか?

次のお題は…「これは痩せる!あたらしいフィットネス用具」
20120318_obakav1_210

乙幡さんの提案「モチベーションUPフラフープ」
20120318_obakav1_212

フラフープダイエットは動作が単調で、なかなか長続きしない。
そこでモチベーションを高め維持させるために
フラフープの中に生クリームと塩を格納できるようにする。

フララフープを回すことでおいしいバターができるので
「よし!頑張ろう!」というモチベーションUPにつながるという。
そのバターを食べてしまったら逆に太るのでは…?

上位機種として馬乳酒ができるという
「モチベーションUPフラフープ・アドバンス」もあるらしい。

ザリガニワークスさん作 「パワーボール・SISYPHUS」
20120318_obakav1_213

パソコン作業ばかりしていると運動不足になりがち。
そこでボーリングの球を使ったトラックボールを作成してみたという。
これを使えばパソコンをしながら筋力トレーニングが可能だ。

光学マウスを組み込んで制作しているので、
実際にちゃんと動くガジェットになっている。

使用例(つらそう…)
20120318_obakav1_214

ちなみに「SISYPHUS」とはギリシア神話で
山頂まで押し上げるたびに転げ落ちてしまう石を
繰り返し山頂に押し上げるよう運命づけられた
「SISYPHUS」という人物の名前から採っている。

作ったものはおバカでも
「作っている人はバカじゃないんだぞ!」をアピール。(笑)

現代美術二等兵さんも筋トレグッズを提案。なんだかエロい…。
20120318_obakav1_215

最後のお題は「文房具」!
20120318_obakav1_216

文房具の場合どんなふざけたもので学校に持っていける。
おバカ文房具でクラスの人気者になろう!

ザリガニワークスさん「バトル画鋲」
20120318_obakav1_218

現代美術二等兵さん「鰹節鉛筆削り」
20120318_obakav1_219_2

現代美術二等兵さん「ダイオウイカ型の充電器」
20120318_obakav1_220

個人的にこの日一番「欲しい!」と思ったのがコレ。
絡みつくダイオウイカという着眼点が良い。
会社の事務机とかに置いておきたい。(是非、製品化を!)

現代美術二等兵さん「ジュディ・コンパス」
20120318_obakav1_221

開くとジュディになる
20120318_obakav1_222

現代美術二等兵さん「アリ塚を模した据え置き型の鉛筆削り」
20120318_obakav1_223

現代美術二等兵さん「黒ひげ危機一髪的な鉛筆削り」
20120318_obakav1_224

ちゅどーん!
20120318_obakav1_225

実用性ゼロどころか逆に散らかるという…。(笑)

でも、こういった常識的には絶対に商品化されようがないモノを
どんどん世に出してほしいと思う。

乙幡さん「フリスク仕込み鉛筆」
20120318_obakav1_226

授業中、睡魔に襲われた時は速やかにフリスクを投入!

乙幡さん「いい成績定規」
20120318_obakav1_227

==========

【まとめ】

ひと言で「おバカ創作」と言っても
ザリガニワークスさん、現代美術二等兵さん、乙幡さん、
それぞれに「おバカ」に対する筋の通し方みたいなものがあり、
それが作品にきちんと反映されているのが素晴らしい。

おバカ創作研究所は三者三様のハイクオリティな「おバカ作品」を
まとめて観賞できる非常に楽しいイベントとなっていた。

早くも”第2回”が決定しているらしい。(8月末)

おバカ創作研究所がこれから生み出していくであろう
「珠玉のおバカ作品」に大いに期待したい。

(ライター・GAMA)