ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『キャンディーズナイト2012 -vol.4 ~解散34周年記念 映像イベントで紙テープを!~』ライブレポート: 日本を震撼させた伝説のアイドル“キャンディーズ” あの頃を思い出して紙テープ投げ放題!(12.4/8開催)

2012年05月28日

Dsc_5638

70年代のAKB48、いやそれ以上とも言える大人気グループ“キャンディーズ”。「春一番」「暑中お見舞い申し上げます」「年下の男の子」「ハートのエースが出てこない 」などの数々のヒット曲を残し、ランちゃんが言った「普通の女の子に戻りたい!」その名言は非常に有名。そして悔しくも、昨年の2011年4月21日、スーちゃんこと田中好子さんの悲報はとても衝撃的でした。

今も絶大な人気を誇る”キャンディーズ”のファンイベントがここカルカルで開催♪ ライブ映像を見ながら、当時のコンサートの紙テープを思いっきり投げて、エールを送ることができる濃密なイベントでした。

Dsc_5606

イベント開始前から行列が…。黒山の人だかり

Dsc_5613_2 Dsc_5641

イベントでは紙テープが販売される。
お客様は買い込んで、芯を抜いてこのようにいつでもテープ投げできるようにスタンバイ。

Dsc_5620_2 Dsc_5634

プロマイドも販売される。ネガフィルムで撮影された懐かしい色合いの写真の数々。

このイベント司会進行を務める「石黒謙吾」さんが登場。
カルカルは初となりますが、「全キャン連」のイベントは4回目で、
石黒さんより紙テープの投げ方、イベントの注意点、「全キャン」の掟などが告知される。

Dsc_6035_2

【出演者】
司会進行/石黒謙吾

特別ゲストは「和田俊之」さん。デビュー前の3人を見てきたという凄いお方で、キャンディーズ誕生秘話などを語ってくれた!

Dsc_6259

和田さんは大阪のスクールメイツ1期生で芸能界を目指して上京。自分にはタレントの才能がないと、芸能界を断念し裏方の仕事をするようになったとのこと。

3人がデビューするきっかけとなったのは、NHK『歌謡グランドショー』という番組のマスコットガール兼アシスタントが始まり。何人かの女の子をローテーションを組んで変えていったが、段々と彼女らで固定されるようになり、この3人で何かできないのかということでデビューが決まった。

そして当時の激レア写真を紹介。

Dsc_6301

東京・奥多摩のキャンプ場の吊り橋。

Dsc_6313
Dsc_6321
Dsc_6342

キャンプのスナップ写真。合宿中のスーちゃんやミキちゃんの顔ぶれも…。

Dsc_6337

レッスン中の彼女達。

Dsc_6344
Dsc_6352
Dsc_6357
Dsc_6365
Dsc_6370

オーディションの宣材写真。

Dsc_6390

スクールメイツの時に着ていた衣装。

Dsc_6413

キャンディーズとしてデビューする前の彼女らの声も入っている、
スクールメイツのCD。

Dsc_6416 Dsc_6432
Dsc_6439 Dsc_6383

そしてライブ映像を見ながらモニターに向かって紙テープを投げる。

Dsc_6497

そして、投げる。

Dsc_6653

ひたすら、投げる。

Dsc_6846

もうカルカル中、紙テープ山となりました。

Dsc_6868

1978年 4月4日 後楽園球場のファイナルコンサート。
あの頃にタイムスリップしたような、凄まじい熱気でした。

紙テープに包まれた壇上のスーちゃんもちょっと嬉しそうです。

ホシスミレ/へんしゅう&ぶんぴつ家