ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『EMI“GREAT HUNTING”公開デモ評議委員会 VOL21』ライブレポート:明日のスターを夢見て♪ その場で聴いて即スカウト! カルカル恒例 公開オーディション!(12.6/3開催)

2012年08月10日

Dsc_9723

今回で21回目を迎えたカルカル恒例イベント「EMI“GREAT HUNTING”公開デモ評議委員会」が開催された。渋谷にあった大手量販店もCD不況の波にのまれ閉店、音楽は無料でDL、もしくは借りる時代、そんな苦境の時代となってしまいましたが、音楽で認められたいという勇士達がカルカルに集結! 40組のミュージシャンが集まりました。

さて評議委員会の皆様を紹介。

Dsc_9991

加茂啓太郎

Dsc_9665

白井良明(音楽プロデューサー、ムーンライダーズ)

Dsc_9669

加藤ひさし(ミュージシャン、ザ・コレクターズ)

Dsc_9727_2

こんな豪華メンバーがビシビシバシバシ、コメントしてくれます。その中から審査員から高い評価を得た7組の方々を紹介します。

●ぼっこぼこ←加茂印
HP⇒http://www.audioleaf.com/bokkoboko

Dsc_9712

●Cmry(シムリー)←加茂印
HP⇒http://cmry.sakura.ne.jp

Dsc_9737

●GLASS+TICKS(グラスプラスチックス)←加茂印
HP⇒http://www.glassplusticks.net

Dsc_9778

●spice lab(スパイスラボ)←加茂印
HP⇒http://spicelabo.main.jp/

Dsc_9816

●eightysicks(エイティシックス)←加藤・加茂印

Dsc_9896

●森リーモ慎之介←加藤印
HP⇒ http://blog.livedoor.jp/guitar_ri_mo_baby330/

Dsc_9862

前回ほどではありませんが、今回も結構厳しい意見がちらほら…。
審査委員より頂いた共通のアドバイスをピックアップ!

Dsc_9667

加藤:ライバルが多いジャンルだから、もっと何かがないとダメ。
白井:聴いていてちょっと辛い曲が多かった。聴く人を配慮して優しいテイストにしましょう。
加茂:発明がない。今まであるものは作れるけど、誰もやったことがないオリジナリティーがない。
加藤:愛、LOVE、恋、抱きしめたい、平和など当たり前の言葉を並べて、それっぽく作っても、誰の心にも届かない。

Dsc_9747

どの分野でも上達するためには、上手い人を真似ることから始まります。そしてあるレベルに達すると自分の世界を見出していく訳ですが、審査員から「オリジナリティがない」と言われた人は、まだやり込みが足らなく、絶望的なスランプに陥っていない前々段階のような気がします。このオーディションで審査員から高い評価を得た人は、その壁を打破した人々なのでしょう。まだまだって思った人は、前進あるのみなので後ろを振り向かず邁進していきましょう。

ホシスミレ/へんしゅう&ぶんぴつ家