魔法少女と物理学の意外な関係!?:『すごい宇宙講義』(イーストプレス刊)発売記念イベント!理学博士・多田将先生の「すごい宇宙講義」 ~すごい完結篇~

 宇宙の話を聞きに行ったら、魔法少女まどかマギカの世界観に詳しくなった――

 金髪の物理学者・多田将先生が自然現象の本質を分かり易く説く大人気イベント!「すごい宇宙講義」シリーズ。

 第1回より、「ブラックホール」、「ビッグバンと宇宙の謎」、「宇宙と暗黒物質」、「宇宙創世」といったテーマで宇宙を題材にした白熱の授業が展開されてきた本シリーズもついに完結。
 今回の特別講義では出版記念と称し、過去4回の講義をまとめた総集編。今までの講義内容から厳選した宇宙バナシや、4回の授業で溢れてしまった多田先生の宇宙論を、アニメ談義に絡めて語っていただきました!
――――――――
 今回は3部構成でこれまでの講義内容を振り返りつつ、それぞれアニメと絡めた物理学の話が展開されました。
P1030660
●第一章 “第四章のはなし『相転移と魔法少女』”
P1030662
多田将先生(以下『多田』)
みなさん、『魔法少女まどかマギカ』って作品知っていますか?
21世紀の最高傑作と呼ばれているアニメなんです。
…『相転移と魔法少女』というタイトルで始まった多田先生の授業。2012年に大ヒットしたアニメ『魔法少女まどかマギカ』、その世界観を理解する中で不可欠な“相転移”・“潜熱”という言葉は実は物理用語。なかなか理解しにくい理論なのですが、多田将先生にわかりやすく解説してもらいました。
多田
「始めに、本題に入る前に第4章で解説しました『温度』の概念をおさらいしましょう」
P1030664
多田
温度はそもそも粒子の動きのことを指します。
粒子は“子”という字の通り、常に動き回っているものなんです。で、温度っていうのはその粒子の動き具合を指します」
つまり飛び回っている速度の速さで温度が決まるんです
テリー植田(以下テリー)
「へぇー」
P1030667
多田
「ここまで理解してもらったところで“潜熱”のおはなしをします
潜熱というのは物体の変化、例えば氷が水になり、水蒸気になる際に使われるエネルギーのことです
Image009
「この、ずーっと温度が変わらなかった後、いきなり温度が上がる点があります。ここが“相転移”です」
P1030713
「まどかマギカでは、ソウルジェムが汚れていく過程が“潜熱”の状態にあたり、相転移を起こした時点で魔法少女が『魔女』になる、ってことなんですね。
この作品で『相転移』って言葉が出たときに、ホントよく出来てるなぁって思いました!」
P1030720
まどマギファンの筆者は、この話を聞いて「ほぉー」「スゲー!!」と会場の片隅でつぶやいてしまうくらい感動。
しかしながら隣のテリーさんを含め、会場内の多くの人はまどマギを見ていない人でした。
イマイチピンと来てないリアクションでしたが、相転移・潜熱の話自体はすごくわかりやすかったですよね。
……もう『まどかマギカ』見ましたか?
P1030648
 休憩時には、今回出版された『すごい宇宙講義』のサイン会が開かれました。
P1030683_2P1030685
 笑顔で会話をしながらサインに応じる多田先生。フランクで親しみやすい先生の人柄が出たサイン会でした。