ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

かき氷とそうめんのコラボレーションイベント初開催!『冷やしグルメ祭 2016 ~冬もかき氷とそうめんが美味しい!~』ライブレポート(16.01/22開催)

2016年02月05日

沖縄でまさかの降雪を記録するなど数十年に一度という猛烈な寒波が日本列島を包み込もうとしていた週末金曜日の夜、お台場・東京カルチャーカルチャーでは『冷やしグルメ祭』が初開催されました。

真冬に「冷やしグルメ」なんて聞くと、凍てつくような寒空の下でキンキンに冷えた食事をするガマン大会のようなもの想像してしまうかもしれませんが決してそのようなイベントではありません(笑)。では、『冷やしグルメ祭』とはいったいどのようなイベントなのか?開催趣旨はいたってシンプル!夏に食べて美味しいものは冬に食べても美味しい。夏まで待てない!夏の間だけではもったいない!ならば、「冬でも冷やしグルメを楽しもう!」というもの。その主役はかき氷そうめんです。

まず、かき氷。かき氷と聞くと夏祭りなどの露店を思い浮かべる人も多いのではないでしょか?氷をガーッとラフに削って、シロップをドバッとかけて、ひと口ふた口食べたら頭がキーン。これではとても真冬に食べたいとは思いませんよね?しかし、ここ数年、爆発的なかき氷ブームが到来!口当たりの優しいフワフワな氷(食べても頭が痛くならない)、各店自慢のオリジナルシロップ、食べるのを躊躇ってしまうほどに美しい盛り付け…等々、従来のかき氷のイメージとは一線を画した”進化系かき氷”が人気を集めています。今や、かき氷は夏の風物詩という既成概念を超えて、四季を通じて楽しめる上質なスイーツとなっています。

そして、そうめん。こちらも近年、静かなブームを迎えています。定番のつけ麺スタイルだけでなく、様々なレシピが提案され、各種メディアにも頻繁に紹介されるようになってきました。食品メーカーもこのそうめんブームに乗って、趣向を凝らした斬新なアイデアのそうめんのつゆを開発するなど、そうめんの食べ方に新しい風が吹き始めています。もちろん、この日のように凍えるような寒さの日は温かくして(煮麺にして)頂くのも良し…。

冬でもかき氷が食べたい!
冬でもそうめんが食べたい!

そんな冷やしグルメ好きがカルカルに大集合!大寒波に負けず熱気ムンムンで盛り上がったカルカル初の試み『冷やしグルメ祭2016』をレポートします。