里中遊歩著・今泉忠明監修『サトナカがゆく! ~風まかせ動物探索記』発刊記念!<NIPPON野生生物summit ~外来動物天国ニッポン!~>ライブレポート(13.5/18開催)

イキモノ観察ライター・里中遊歩さんと
動物学者・今泉忠明さんによる「野生動物summit」シリーズ!

本シリーズでは「TOKYO野生生物summit」と題して
過去3回に渡り大都会・東京に実は多数生息している野生生物達の
強く、逞しく、したたかな生態が詳しく紹介されてきました。

さて、今回は「TOKYO」から「NIPPON」へと枠を広げ、
近年ニュースなどでしばしばに耳にする”外来生物問題”がテーマ。
日本は我々の想像をはるかに超える『外来生物天国』であるらしい。

「外来生物とは何か?」
「日本にはどんな外来生物がいるのか?」
「外来動物の野生化にはどんなリスクが潜んでいるのか?」
「未来のニッポンの生態系はどうなってしまうのか?」 
…等々

外来生物に関する様々な疑問について里中・今泉両氏が
実例やエピソードを交えながら分かり易く解説し、
その上で、我々日本人が野生化した外来生物に対して
今後どのように向き合っていくべきかについて鋭く言及。

今回のトークライブは6月発刊予定の
『サトナカがゆく!~風まかせ動物探索記』
( 全国農村教育協会/里中遊歩著・今泉忠明監修)

の発売記念を兼ねたものでもありました。

新著の中からも事とあるごとに面白いトピックが紹介され、
「外来生物」、「帰化生物」という難しい問題を取り上げながらも
笑いの絶えない楽しいトークライブとなりました。

==========

【出演者紹介】

里中遊歩さん(イキモノ専門ライター)
イキモノ観察ライターの里中遊歩さん

日本野生生物リサーチセンター代表。
特に東京都内の野生動物や国内の外来動物などについて
探索&調査を行なっているイキモノ観察ライター。

今泉忠明さん(動物学者)
動物学者の今泉忠明さん

日本動物科学研究所所長。伊豆高原ねこの博物館館長。
イリオモテヤマネコやニホンカワウソの調査・研究等で知られる
日本が誇る動物学者。父親の今泉吉典の著名な動物学者。

里中さんと今泉さんは日々二人で野山を歩き動物探索を続けており、
それが本になったのが新著「サトナカがゆく!」です。

さぁ、始まりました!テーマは「外来生物天国ニッポン」!
イベントスタート
(司会進行:テリー植田プロデューサー)