ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

JAグループ和歌山・和歌山県主催 農産物機能性&観光パーティ『ココ・カラ。和歌山ナイト~わかやまポンチde元気チャージ! ~モデル・阪井あゆみによるビューティトークなど和歌山県産食材を食べ尽くす!~』ライブレポート(12.10/12開催)

2012年11月01日

皆さん、和歌山に行ったことはありますか?

和歌山は『フルーツ王国』として有名ですが、
新鮮で美味しい野菜も全国各地に沢山届けてくれていて、
和歌山の食材が私達の健康で豊かな食生活の一部を
支えてくれていると言っても過言ではありません。
また、和歌山には世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」をはじめ
数多くの歴史的文化資源が存在しています。

そんな和歌山の魅力に迫る体験型の観光パーティが、
JAグループ和歌山及び和歌山県の主催の下、
東京カルチャーカルチャーで盛大に開催されました。

題して
「ココ・カラ。和歌山ナイト
~わかやまポンチde元気チャージ!」

カルカルで観光PR系のイベントが行われることは
決して珍しくないのですが、今回の和歌山ナイトは
その中でも非常に内容が充実していました。

和歌山の旬の食材を使った美味しい料理が食べ放題!
和歌山の美味しいお酒やジュースが飲み放題!
ご当地スイーツ「わかやまポンチ」も振る舞われ、
充実の和歌山トークにスペシャルゲストも登場!
さらに終演後には盛り沢山のお土産が…!

和歌山の”本気”を感じました。

平日開催でしたが満員御礼!
カルカルが和歌山の熱気で大いに盛り上がりました。

和歌山産のドリンクを自由に試飲できます
和歌山ドリンクがズラリ

フードもバイキング形式
旬の和歌山食材をたっぷり使った料理が並ぶ

料理は全て和歌山出身の料理研究家である
貝谷郁子さんの監修によるもので、
和歌山の旬の食材がたっぷりと使われています。

(料理の紹介と貝谷さんの紹介は後ほど)

いただきます!
おいしそう

開演前に既に「来て良かった!」の満足感。

いやいや、これからが本番ですよ!

…というワケで、イベントスタート!
Wakayama_121012_23
(司会進行:テリー植田プロデューサー)

まずはカルカル恒例の乾杯から。

「和歌山に乾杯!」
乾杯でイベントスタート
(平日の公演にも関わらず満席となりました)

-----

【第1部】

第1部は和歌山の農産物とその産地の紹介など。
途中、スペシャルゲストも登場します!

藏道徳生さん(from JAグループ和歌山)
県農・藏道部長

藏道さん(ご挨拶)
「和歌山の美味しい果物、新鮮な野菜、綺麗な花…。
心と体に潤いを与え、健康で豊かな暮らしを作っていく。
その発信地が和歌山であるとの想いから
もっともっと和歌山のことを知って頂きたいと思い、
このイベントを企画しました!」

藏道さんが手に持っているのは
「ゆら早生(ゆらわせ)」という新種のみかんだそうです。
この時期はたねなし柿の一番の収穫時期でもあり、
和歌山は1年で最も美味しい季節へと入っていきます。

貝谷郁子さん(和歌山県出身料理研究家)
和歌山県出身料理研究家・貝谷先生

貝谷さんは和歌山県出身の料理研究家&フードジャーナリスト。
イタリア、日本をはじめ世界中の美味しい料理や食材を研究し、
オリジナルのレシピを紹介してくれています。

貝谷さんは特に「和イタリアン」というものを提唱されています。
イタリアンに実は和の調味料が非常に良く合うそうです。
また、和イタリアンの「和」の文字には
風”の他に歌山”の意味も込められていて
和歌山には和イタリアンに合う素材も沢山あり、
それらを活かしたレシピを紹介する本も出されているそうです。

この日カウンターに並べられた美味しい料理は全て
貝谷さんの指導・監修により作られた「和イタリアン」です。

1.お料理の紹介/貝谷さん

貝谷さんによる解説
貝谷さんが料理の解説

和歌山うめ鯛のカルパッチョ 南高梅まるごとソース
和歌山うめ鯛のカルパッチョ・南高梅まるごとソース

貝谷さん
「南高梅は果肉が柔らかくて大きいので
くずしてソースにしてしまうのはもったいないとのことで
まるごとの梅にオリーブオイルをまぶして出させていただきました」

鯛も和歌山産だそうです。
ほんのりかかった黒コショウと梅干しとオリーブオイルが
絶妙のコンビネーションで美味しかったです。

最高!
南高梅が美味

和野菜のフリット
和野菜のフリット

山いも、れんこん まいたけ、ししとう…等。

イタリア風のフリットはパン粉が細かいので
油を吸わないのでとてもヘルシーにいただけます。

じゃばらドレッシングのサラダ
じゃばらドレッシングのサラダ

「じゃばら」とは和歌山県の北山村だけでしか作られていない香酸果実。
さわやかでスッキリとした酸味のドレッシングとして。

和歌山ナスと海老のマリネ
和歌山ナスと海老のマリネ

フルーツのイメージが強い和歌山ですが
日常使う野菜も新鮮なものが沢山あって和歌山ナスもその一つ。
米酢を使ってサッパリとした「和」の味に仕上げています。

和歌山ミニトマトのサラダパスタ
和歌山ミニトマトのサラダパスタ

和歌山はミニトマトの名産地。
トマトの風味がたっぷりと楽しめます。

どの料理もとても美味しくいただきました。

/*——————

[本レポートで紹介しきれなかった料理]

・和歌山うめどりと和歌山ミニトマトの和カチャトーラ
・和歌山うすいえんどうとベーコンのトマトクリームパスタ
・和歌山の梅ジャムのとろり濃厚レアチーズケーキ

——————–*/

2.スペシャルゲスト登場/阪井あゆみさん

和歌山県出身のモデル・阪井あゆみさん
和歌山県出身のモデル・阪井あゆみさんゲスト出演

和歌山の食材を食べているとこんなにもキレイになれます!
(まさに動かぬ証拠)

阪井さんは和歌山で育った思い出などを語ってくれました。
中学・高校ではソフトテニスで県大会で上位の成績を上げて
近畿大会にも出場するなどスポーツ少女だったとか。

印象に残っている郷土の料理を聞かれると「はげ鍋」と即答。
「はげ」とはどうやらカワハギ類のことで
皮を剥いでなべに入れるので「はげ鍋」と呼ぶそうです。

奈良県出身のテリー植田さんとの隣県トークが盛り上がる
テリー植田さんと阪井さんの隣県トーク

3.和歌山県産食材の紹介

阪井さんがステージに加わったところで
再び貝谷さんとがマイクを手に取り、料理研究家の視点から
和歌山の農産物の効能などを説明してくれました。

ミニトマト
ミニトマトの解説中

ミニトマトは普通のトマトよりも単位重量当たりの栄養価の高い食材。

和歌山産のミニトマトは、糖度の高いものや、
房取りとよばれる消費者に房ごと提供するタイプのもの、
ロケットと名付けられた楕円形のもの…等々、
非常に個性に富んだ沢山の種類があるそうです。

うすいえんどう

和歌山は豆王国でもある!
「えんどう」は実(豆)を食べる「うすいえんどう」と
さやごと食べる「キヌサヤ」、「オランダエンドウ」に大別されます。
和歌山産のうすいえんどうは粒が大きく、ホクホクの食感が特徴。
「紀州うすい」の名前でブランド化されています。
関西で豆ご飯といえば、このうすいえんどうを使ったものだそうです。
関東ではいまひとつ馴染みがない印象ですが、

貝谷さん&藏道さん
「タマゴとじやかき揚げにピッタリなので関東でも是非!」

とのことですので、機会があれば試してみましょう。


梅は機能性食材としても高く評価

なんと言っても日本の最高峰のブランド「南高梅」が有名!

梅干しは近年、機能性食材としても高く評価されています。
(クエン酸の疲労回復効果や体にやさしい塩分補給…等々)

さて、ここからはクイズ形式。果物の花を当てます。

Q:何の花でしょうか?
何の花でしょうか?

正解はみかん!
正解はみかんの花

和歌山といえばなんと言ってもまずは「みかん」です。

…というワケで、

ここで”ゆるキャラ”なゲストが登場!

レジに激突しながら必死の入場(笑)
ゆるきゃら登場

和歌山のみかんのキャラクター「ミカピー」参上!
ミカピー参上

ミカピーの「ミカ」はもちろんみかんの「ミカ」。
ピーには3つの「P(※)」の意味が込められています。

PowerfulPartnershipPretty

和歌山はみかんの生産量全国1位!

みかんの花言葉は「純潔」。
5月の連休明けぐらいからが温州みかんの花の時期で、
和歌山の産地には非常に甘い良い香りが漂っているそうです。
(なんでも245億個ものみかんの花が咲くらしい)

Q:何の花でしょうか?
2問目

正解は「たねなし柿」!
正解は種なし柿

フルーツ王国・和歌山で真っ先に思い浮かべるのは
「みかん」ですが、実は柿も全国1位の生産量
特に和歌山の柿の代名詞的存在がこの「たねなし柿」。

もう1問行きましょう。何の花でしょうか?
もう一問

正解は桃!
正解は桃

和歌山の桃は全国第4位。(西日本では1位)

東京とは若干タイプが違う仕上げになっていて、
先っぽがピンクでその下が白っぽいのが特長。
上品で固さもやわらかく香りがあるそうです。

ただ、東京の人は実の硬い桃を好む傾向があり、
和歌山の桃は東京ではやや流通が少ないようです。

桃源郷(紀の川市桃山長)
桃源郷の写真

(ここで前半終了)

-----

休憩時間もモテモテなミカピー
美女に囲まれるミカピー

-----

【第2部】

第2部はご当地”新”スイーツ「わかやまポンチ」
和歌山が誇る数々の観光名所やパワースポットの紹介です。

5)わかやまポンチ実演&実食

後半の主役はコチラ(↓)
後半の部・出演者紹介

左から
田上義人さん(全国わかやまポンチ協会 総裁)
大石崇さん(和歌山県農林水産部)
原田武男さん(わかやま喜集館 館長)

わかやま喜集館(公式HP
…有楽町駅前にある和歌山のアンテナショップ

「全国トップクラスの果物生産量を誇る和歌山から
フルーツ王国の名に相応しい良いものを届けたい!」

そんな想いから和歌山産のフルーツを活かした
新スイーツ「わかやまポンチ」で地域貢献や地域振興に
取り組んでいくプロジェクトを3年前に発足。
現在、県内外で46店舗まで加盟店が広がっているそうです。

わかやまポンチを名乗るには
以下の3つの条件を満たす必要があります。

/*——————–

[わかやまポンチ3箇条]

・和歌山県産梅の甘露煮またはシロップ漬け等を使用する
・和歌山県産のフルーツを1種類以上使用する
・メニューに和歌山県産であることを明示する

——————–*/

わかやまポンチ協会でレシピの探求している小山よしおさんが
実際に目の前で「わかやまポンチ」を作ってくれました。

小山よしおさん(South West cafe店長)
小山さんの紹介

ベースはみかん果汁とハチミツ。

氷とともにミキサーにかけてフローズン状に…
わかやまポンチ作り実演

柿、イチジク、みかん、巨峰など和歌山フルーツをトッピング
和歌山の旬のフルーツをトッピング

完成…!
わかやまポンチ完成

必須条件の梅もトッピングされています
わかやまポンチの梅

ハチミツが効いていてとても美味しかったです!

お店の数だけバラエティに富んだ「わかやまポンチ」があります
様々なわかやまポンチを紹介

和歌山を旅行する際は各店の「わかやまポンチ」を食べ比べて
お気に入りの「わかやまポンチ」を見つけてみてはいかがでしょう?

和歌山まで行くのはなかなか難しいという方や、
まずは一度気軽に味わってみたいという方は
東京にも「わかやまポンチ」を食べられるお店があります。
(コチラ⇒たまな食堂
オーガニックなどにこだわった女性に人気の有名店ですね。

6)和歌山のジャイアントパンダ

本日2度目のゆるキャラ登場!

和歌山観光PRシンボルキャラクター“わかぱん”
わかぱん登場

東京でパンダというと上野動物園を思い浮かべると思いますが、
実は日本にいる全12頭のジャイアントパンダのうち
なんと9頭が和歌山(アドベンチャーワールド)で暮らしています。

永浜と梅浜。双子で和歌山生まれの二世。

2年前に生まれた陽浜と海浜(ちょうど1年前の写真

和歌山のパンダは皆、
屋外の芝生の上でノビノビと暮らしています。
お客さんからも非常に見やすくなっているそうです。

そして、今年8月10日にも赤ちゃんが誕生!!
アドベンチャーワールドでは屋外の芝生の上で飼育

名前は優浜(ゆうひん)。女の子だそうです。

生まれた時は僅か167g
生まれて間もないパンダの赤ちゃん

生後1ヶ月(500g)。順調に育っているようです。
スクスクと育つパンダの赤ちゃん

7)和歌山の観光名所の紹介

和歌山の”和”は「和み」の”和”
和歌山の和は和みの和

和歌山には世界遺産スポットもたくさんあります。

北部にあは高野山、南部には熊野三山。
そして、それらにつながる高野山町石道という道があります。

原田さん
「道が世界遺産になっているのは世界的にも2つしかなく、
そのうちの1つが和歌山にある!と。
そこを歩いて頂くことによって心を癒していただけます」

高野山町石道
高野山町石道

高野山 根本大塔
高野山根本大塔

高野山のもう一つの大きな観光スポットが「奥の院」。
高野山を1200年前に弘法大師入定した地として知られ、
多くの観光客が参拝に訪れている場所。

高野山 奥の院
高野山 奥の院

続いて、熊野古道へ。「つぼ湯」という温泉があります。
世界遺産に登録された温泉の中で唯一入浴できる温泉。
(光の加減やその時々の泉質で7色に変わるらしい)

湯の峰温泉 つぼ湯
湯の峰温泉 つぼ湯
(希望者が多いので有料&時間制とのこと)

熊野古道中辺路 百閒ぐら
熊野古道中辺路 百閒ぐら

熊野の雄大な山々を望める。これは絶景!

熊野古道大雲取越 円座石(わろうだいし)
熊野古道大雲取越 円座石

熊野権現の3人の神様がここに座って
日本の平和について議論したとの言い伝えのある石。

そして、熊野本宮大社に辿り着く
熊野本宮大社

熊野本宮大社も世界遺産ですが
明治22年に大水で流されて山の上に建て替えられています。
もともとあった場所はコチラ(↓)。

熊野本宮大社 大斎藤原
熊野本宮大社 大斎藤原

現在はちょっとした石祠が祀られているだけですが、
木立の中で心落ち着く場所として人気のパワースポットに。

熊野那智大社
熊野那智大社

大自然の森と水を一度に堪能できるパワースポット!
私も機会があればぜひ行ってみたいと常々思っている場所です。

熊野那智大社の御神体はもちろんあの有名な「那智の滝」!

那智の滝(圧巻!)
那智の滝

まだまだ沢山の観光名所の紹介があったのですが、
ここに全ては載せることはできないので泣く泣く割愛しました。

和歌山には素晴らしいパワースポットが沢山あり、
今回のイベントで和歌山に対する気持ちが
「行ってみたいなぁ」から「行くしかない!」に変わりました。

和歌山へのアクセス
和歌山へのアクセスをチェック

東京から約700km。
関東在住の私達が和歌山方面を見る時は
どうしても大阪・京都を中心に考えてしまうので
「遠いなぁ!」と思ってしまいがちなのですが
アドベンチャーワールドのすぐ近くに白浜空港があり、
また関西国際空港も和歌山の県境に近い所にあるので
バスで60分ほどで和歌山市内に入れるそうです。
そう考えるとイメージよりは近いですよね?

私もそうだったのですが「遠い」という思い込みだけで
和歌山を体験しないのはもったいない気もしますので
和歌山へのアクセスをぜひ再確認してみてください。

-----

【案内・告知等】

和歌山をもっと知りたい方に朗報!

有楽町駅前広場で11月23~25日に
『ココ・カラ。和歌山フェスティバル』が催されます。

ココ・カラ。和歌山フェスティバル!
和歌山フェスティバルの告知

旬の和歌山産農産物の特別販売の他、
人気タレントのトークショーやライブなど
沢山のイベントが企画されているようなので
まずは身近なところで和歌山を体験してみては…?

また、上記イベントの期間中に
フォーラムと言う形で和歌山産の農産物の機能性について
アカデミックにアプローチするフォーラムが開催されます。
参加者全員に和歌山の旬の果物のプレゼントもあるそうなので
興味のある方は参加を検討してみてはいかがでしょうか?

/*——————–

ココ・カラ。和歌山フォーラム
『日本人のココロとカラダに果物を』
2012年11月24日 13:30~15:15
東京丸の内・コンファレンススクエアエムプラス10階
(要事前予約) 詳しくはコチラ

/*——————–

最後に和歌山県食品流通課の下社さんがトドメのPR
下社さんが締めのご挨拶

-----

【おみやげ】

いっぱい食べて、いっぱい飲んで、
楽しい和歌山トークをいっぱい聞けて満足度MAXなのに
なんとさらに盛り沢山のお土産が…!!

いただきました
この日の戦利品

どっさり!(驚)
盛りだくさんのお土産

たねなし柿、みかん、ミニトマト
キーホルダー、梅ドリンク、ハンドタオル、ストラップ、
かき音ちゃんのシール&お面、ポケットティッシュ、
ミカピーのミニマスコット、各種リーフレット…等々。

なんと貝谷さんの著書も!(和イタリアンにチャレンジ!)
貝谷先生の本も頂きました

カルカルには来れませんでしたが
かき音ちゃんという可愛いキャラクターもいるようです。

この子が「かき音ちゃん」(次回は来てくれるかな?)
かき音ちゃん

==========

【まとめ】

私がこのイベントに参加した動機は
個人的にジャイアントパンダが大好きなので
「わかぱんに会いたい!」、
実はただそれだけだったのですが(笑)、
和歌山の食材を使った美味しい料理やドリンク、
ご当地スイーツ「わかやまポンチ」などを心から楽しめて
和歌山の観光名所のポテンシャルの高さにも驚かされました。

イベントが終わる頃には
すっかり”和歌山ファン”になってしまいました。

フルーツ”だけじゃない”王国=和歌山!

皆さんもこの機会にぜひ和歌山に注目してみてください。
きっと目の覚めるような新しい発見があると思いますよ!

(ライター・GAMA

次はぜひ和歌山でお会いしましょう!
見送って頂きました