ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

アイス好き集まれ!アイスクリームナイト!Vol.1【九州のソウルアイス!ブラックモンブランを食べよう編】ライブレポート(12.06/29開催)

2012年07月19日

今までありそうでなかったアイスクリームのイベントが
満を持してカルカルに初登場!

アイス好き同士で集まって大いに盛り上がろう!!

…というワケで、
各メディアで活躍中のコンビニアイス評論家・アイスマン福留氏を招聘し、
アイスの歴史に始まり、目から鱗のアイスうんちく、懐かしのアイス等々、
アイスに関するあれやこれを全力で語ってもらいました。

そして、今回は九州において大人から子供までを魅了し続けている
九州のソウルアイス「ブラックモンブラン」をみんなで試食!
果たして、そのお味は!?

これから迎える暑い夏、アイスなしでは乗り切れない!

ならば、そのアイスをより美味しく食べるため
みんなでアイスの新しい楽しみ方を探ってみませんか?

アイスクリームナイト開幕!
120629_ice01_bm020

==========

【出演者紹介~ミニトーク】

アイスマン福留(コンビニアイス評論家)
120629_ice01_bm019

もともとアイスが大好きでアイスに精通していたことから
声高らかに「アイス評論家です!」と名乗ってみたところ
色々なメディアが一気に押し掛けてきたビックリしたとか。(←おひ)

「評論家を名乗る以上もっともっと詳しくならないといけない!」と
若干の後付け感(笑)はあるものの、日々様々なアイスを食べまくり、
同時にアイスの製法や歴史等も学び、そこで得た膨大な知識を
自身のサイトや各種メディアを通じて積極的に発信し続けています。

目指しているのはアイス界の”ソムリエ的存在”!

世の中の人がアイスを食べている時に
「このアイスはこんな製法で作られているんだよ!」
「このアイスの美味しさの秘訣はココにあるんだ!」と、
プラスアルファの情報を少し付け加えてあげることで
「あっ!だからこのアイスはこんなに美味しいんだ!」と、
アイスをより美味しく食べることができるようになってくれれば嬉しいと
アイスマンは語ります。つまり、

・アイスをもっともっと楽しむこと!
・新しいアイスクリーム文化を作ること!

それがアイスマンの目標なのだそうです。

ところで、「アイス評論家」ではなく、範囲を限定して
「コンビニアイス評論家」と名乗っている理由については…?

アイスマン曰く
「アイス評論家と名乗っちゃうとラーメン評論家みたいに
全国の有名店を片っ端から食べ歩かなきゃいけなくなるし、
それって大変だなぁと。その点、コンビニなら近所にある!」

ええっ、そんな手抜きな理由で…!?(汗)

でも、大抵の人はアイスはコンビニやスーパーで購入することが多く、
アイスの選び方も「以前食べたら美味しかったから」とか、
「パッケージが美味しそうに見えたから」とか、せいぜいその程度。

コンビニで買ってみようかと一瞬迷ったけれど
結局、購入するまでには至らないアイスって実は結構沢山ありますよね。
もうひと押し情報があれば買ってみたかったんだけど…という。
そんな時に、コンビニアイスに特化して
情報がまとまっているサイトがあれば確かに非常に便利です。

アイスマンが運営するサイト「コンビニアイスマニア」には
連日アクセスが殺到しているとのことで、偶然か必然か、
アイスマンの活動はニーズをしっかりと捉えていると言えそうです。

それと、アイスマンの監修で

アイス選びに使えるスマートフォン向けアプリも提供中!

「気分」や「メーカー別」、「カロリー」などから
今の自分に最適なアイスを選んでおススメしてくれるアプリ。
6万ダウンロードを超え、かなりの好評を得ている様子。
なかなか良くできた楽しい無料のアプリなので
アイス好きな方は是非使ってみてはいかがでしょうか?

/*— アイスマン福留 info —*/

コンビニアイスの情報サイト:『コンビニアイスマニア』

無料で使えるアイス辞典アプリ:『コンビニアイスマニア』

/————————-*/

そして、もう一人の出演者…!

”ひっきー”ことヒキノトオルさん (from 甘党男子)
120629_ice01_bm016

今回アイスマンのサポート役を務めるのが
甘党男子という団体を率いているヒキノさん。

男性もスイーツを積極的に食べる時代となりましたが、3年ほど遡ると
「男子がスイーツ食べているってどうなの?」的な空気が世に残っていた時代。
それを払拭するために「甘党男子」というコミュニティを立ち上げたそうです。
以来、全国に会員数を増やしていき3500人に上る勢い。

言うなればヒキノさんは甘いモノと男子をかけ合わせて
目に見える形にした”パイオニア的存在”といったところでしょうか。

/*— ひっきー info —*/

日本初!?スイーツ好きの男性のための情報サイト:『甘党男子』

/——————-*/

しかし、アイスマンもヒキノさんも
甘いものばかり食べまくっていて太らないのでしょうか?

特にヒキノさん!スリムというか細すぎでは…!?

ヒキノさん自身「なんで太らないんですか?」と良く聞かれるそうなのですが、
決して甘いモノを食べても太らないという都合の良い体質というワケではなく、
甘いモノを食べれば相応に太ってしまうそうです。ただし…!

ヒノキさん曰く
「ご飯を抜くなど炭水化物を採らなければ大丈夫!」

炭水化物は太りやすいというのは理解できると思いますが、
食べたいスイーツの分だけ炭水化物を採らないようにすれば
その範囲内でスイーツを食べても太らないそうです。

あくまで”太るor太らない”の話なので
栄養素的にそれでいいのかという話は全く別の問題ですが、
とりあえず甘いモノが食べたいけど太りたくないという人は
ヒキノ流肥満防止法を自己責任で試してみてはいかがでしょうか?
あくまで自己責任ですが。(大事なことなので二度言いました)

アイスマン曰く
「あ!でも、甘い食べ物の中で一番太らないのが
アイスクリームらしいですよ!いや、本当に!」

ホントかな…。(これはあやしい)

アイスマンの”アイスは太りにくい情報”も自己責任で解釈願います。(笑)

=====

【みなさんの好きなアイスは…?】

まずはアイスマンからの客席に向かって質問!
120629_ice01_bm021

客席から続々と意見が…。いくつか声を拾ってみました。

・この季節はシャーベット系がイイ!例えばアイスの実とか!

アイスマン
「アイスの実!いいですねぇ!果汁80%!
去年、某国民的アイドルグループがアイスの実を宣伝していましたが
その時だけ果汁50%に落ちたんですが80%に戻って良かったです!」

果汁30%分はどこへ…??? なんだか生々しい話です…。

ガリ梨…!

アイスマン
「ガリガリ君のフレーバーは70種類以上出ていますが
ガリ梨はその中でも秀逸でそれ自体がフルーツという感じ!
生ハムを巻いて食べたりすると美味しい!
あとおススメなのがガリ梨をすりおろして
冷やし中華の上に載せてみてください!めちゃ美味しいです!」

ヒキノさん
「冷やし中華って…。本当ですかぁ?」

冷麦の上にフルーツを載せて一緒にめんつゆで食べると
甘さが引き立って結構イケるみたいな感覚でしょうか?
そう考えると確かに「ガリ梨=フルーツ」論は的を得た意見かと。

ガリガリ君ソーダ味が好き!

アイスマン
「やはりコレは鉄板ですね!
ガリガリ君は年間4億本も売れているって知っていました?」

ヒキノさん
「国民一人当たりの年間消費量が4本ですかっ!?」

4億本って本当にとんでもない数字です。
さすが日本の国民的アイス!!

チョコモナカジャンボパリパリのチョコが好き!

アイスマン
「チョコモナカは全体の22%がチョコレートなんです!
なんであんなにパリパリしていて美味しいのかというとその秘密は
バニラとチョコレートとコーティングと皮の絶妙な黄金比にあります!」

チョコモナカジャンボの美味しさの秘密は黄金比だけでなく
メーカーのさりげない気遣いにもあると言う。

アイスマン
「実は1年間で季節によってバニラアイスの乳脂肪分を変えてます。
夏はサッパリと、冬は濃厚にといった感じです!知ってました?」

コンビニアイスの世界もなかなか深いですね…。

上記以外にも客席からは色々なお気に入りアイスの名前が挙がりましたが、
全ては紹介できないのでここでは割愛させて頂きます。

とにかく感じたのは皆さんの好みの幅が非常に広いこと!
そして、アイスマンがそれぞれのアイスについてムチャクチャ詳しいこと!

ヒキノさん
「福留さんはそんな知識を一体どこで仕入れているんですか…?」

アイスマン(即答)
「全部メーカーのホームページに載ってました!」

客席「………。(笑)」

いや、でも、普通の人はアイスを買ったり食べたりするのに
いちいちメーカーのホームページなんてチェックしませんし、
そこに載っている情報をいつでも取り出せる知識として
武装しているのが無駄に凄いな…と。さすがアイスマン!です。

==========

~アイス評論家が独断と偏見で選ぶ
コンビニアイスBEST10~

さて、客席に好きなアイスをひと通り聞きまわったところで
アイスマンが勝手に選ぶコンビニアイス十傑を発表!

まず10位から6位まで!
120629_ice01_bm001

10位…白いブラックサンダーアイス(ユーラク)

北海道限定のアイスでしたが6月12日から関東でも販売開始。
ブラックサンダーアイス自体が人気の高いアイスですが、
それをホワイトチョコでコーティングしたもの。当然、ホワイトチョコ分だけ甘くなる。
そこが好みの分かれるところですが、甘党にはおススメの一品!

9位…ジュンヒットチョコ(アンデイコ)

チョコレートアイスだけどサッパリした後味に特徴。

8位…ガリガリ君・梨(赤城乳業)

前フリのトークで話題に上ったので解説は略。

7位…パルム(森永乳業)

チョコレートコーティングが他のアイスと違ってネットリとしている感じ。
それによってチョコとバニラアイスと絶妙に絡み合って
一緒に溶けていくような極上の口溶けを見事に演出している。
急速フリージングで表面に氷の粒を作っていることにも注目。
これはピノで培われた技術の応用。

6位…あいすまんじゅう(丸永製菓)

福岡県の県花である梅の形をしている。
モンド・セレクション12年連続金賞受賞。
アイスマン曰く「口どけが秀逸」。
アイスクリーム規格(※)なので味も濃厚でおいしい。

/*— ちょっと豆知識 —*/
アイスは法的に成分規格が定められていて
乳固形分や乳脂肪分によって3つに分類されています。
乳脂肪分が多い順に(つまり濃厚な順に)

アイスクリームアイスミルクラクトアイスと定義され、
シャーベット類は
氷菓として取り扱われる。

アイスマン
「だから厳密に言えばアイスクリーム買ってきてと頼まれて
爽とか買ってくると、違うよ!それはラクトアイスだよ!という話」

ヒキノ
「めんどくせぇ奴だな…(笑)」

どんどん行きます!5位から1位まで!
120629_ice01_bm002

5位…プレミアムホームランバー(協同乳業)

ノーマルのホームランバーはラクトアイスですが
プレミアム版はアイスクリーム規格。
生クリーム、卵黄、バニラビーンズなどを使用して
「プレミアム」にふさわしいリッチなテイストに仕上がっている。

4位…ジャイアントコーン・ネクスト(グリコ)

ジャイアントコーンの高級版で、これもアイスクリーム規格。
客席でもまだ食べたことがない人が多かったので
一般のアイスファンへの浸透はまだまだこれからか?
ビスキーチョコがサクサクのミルフィーユ状になっているのが特徴。
ノーマルタイプのジャイアントコーンは上のチョコレート部分だけ
ザクザクと食べられるが、残りは惰性で食べていく感じになってしまう。
しかし、ネクスト版は最後までザクザクと食べられるのが良い!
158円とノーマルタイプより30円ほど高いが、アイスマンによれば
差額以上の高級感が味わえるとのことで今後注目したいアイスです。

3位…ガツンと、みかん(赤城乳業)

アイス1本にみかん半個分使用している。
昔、女子高生のみかんの缶詰を凍らして食べているというニュースに
ヒントを得て赤城乳業が製品化した人気のアイス。
みかんを一度シロップ漬けしてからアイスにしている。

2位…チョコモナカジャンボ(森永製菓)

これも冒頭のトークで触れたので解説略。

そして、輝ける第1回コンビニアイス大賞は

1位…ブラックモンブラン(竹下製菓)

アイスマン
「これは美味しい!一番美味しい!」 (客席からまばらな拍手)

第1位なのに拍手がまばらなのは
ブラックモンブランを食べたことが無い人が多かったため。

実はブラックモンブランは九州地区限定のアイス。
九州出身の人に言わせれば「ガリガリ君よりもメジャー!」だそうで
九州では大人から子供までが楽しんでいる”ソウルアイス”らしい。

九州出身の方はブラックモンブランを全国区のアイスだと思っているので
東京に出てきたりするとブラックモンブランが見当たらないことに
かなりの衝撃を受けると聞いています。

今回は平日のお台場で開催されたイベントということもあり
どうしても客席は関東在住の方が大半になってしまったので
ブラックモンブランの味を知らない人が沢山いたワケです。

じゃあ、その味を確かめてみましょう!

…ということで、イベントの後半は

ブラックモンブランの実食大会!! です。

======

【実食!ブラックモンブラン!】

来ました!これが竹下製菓のブラックモンブラン!
120629_ice01_bm003

いただきまーす♪
120629_ice01_bm004

たくさん用意してくれたので事実上「おかわり」し放題でした。

アイスマンも絶賛!
120629_ice01_bm005

ブラックモンブラン=通称ブラモン。
佐賀県にある竹下製菓で作られているアイスで九州地区限定販売。
関東地区では一部のスーパー(※)を除いて販売されていません。

※サミットストアだそうです

しかし、ネット上では”最強のアイス”と称されることもあり、
「一度は食べてみたいアイスNo.1!」ということで
今回、みんなで食べてみましょうという運びとなりました。

「モンブラン」という言葉の響きから
「栗のアイス?」と勘違いしてしまいそうですが
アイス界の最高峰を目指すと言う意味でのモンブラン
(モンブランはヨーロッパアルプスの最高峰)であって
栗のアイスではないので誤解のないよう…。
実態はバニラアイス(アイスミルク)をチョコレートコーティングし、
その上からクランチをまぶしたチョコクランチバーアイスです。

コクのあるバニラアイスとチョコのバランスが絶妙で実に美味しい!
バニラアイスが甘すぎず割とサッパリしているので後味も爽やか。
さすが九州の方のハートをガッチリと掴んでいるだけのことはあります。

…と、ここでゲストが登場!

ブラックモンブランと同じチョコクランチバーの代表格である
センタンの「チョコバリ」を食べ続けているとういう謎の人物が登壇!

その名も…、、、

チョコバリ米村さん!
120629_ice01_bm006

アイスマン
「なんでチョコバリばっかり食べようと思ったんですか?」

チョコバリ米村さん
「チョコバリは当たり付きで1000円のクオカードが当たるのですが、
アイスの原価や1本当たりの利益率を考慮するとそんなに当たらないだろうと。
そこで、どのぐらい当たりがあるのか自分で検証してみようと思いました!」

なるほど。経済学的な実験なのね…!

そんなこんなで実験を始めた米村さん、

なんとチョコバリを食べ続けること380本!
連続ハズレ記録を絶賛更新中…!!

頑張るなぁ…。(遠い目)

当たり付きと言えばブラックモンブランも当たり付きです。
90点以上で「もう1本!」。その他、図書カードなども当たります。

ただ、米村さんの実験結果を見ていると、そう簡単には…、、、

あれ? 当たった!?(あっさり:笑) [↓]私のです
120629_ice01_bm008

私以外にも「90点出た!」との声が続々とカルカル店内に響きました。

まぁ、でも、さすがに図書カードとなると…、、、

…と思ったら、隣のお客さんが当てていました(凄い!)
120629_ice01_bm009

「当たった!」とあちらこちらで歓喜に沸くカルカルの客席と
ステージ上で黙り込む米村さんとの対比がおもしろかった。

米村さん「…………。」 ←ブラックモンブランも順当にハズレ
120629_ice01_bm007

ブラックモンブランとチョコバリのクジの当選率という点で比べた場合、
ブラックモンブランの方がかなり当たりやすいと言えるかもしれません。

ただ、チョコバリは当たった時のリターンが1000円と大きい分、
ハイリスク&ハイリターンになるのは至極当然のことなので
米村さんには是非、当たりをGETするまで頑張ってほしいと思います。

肝心のブラックモンブランとチョコバリの味の比較ですが、
ザクザクと食べるチョコバリに対して、ブラックモンブランは
アイス付きのクッキーを食べているような感覚だそうで、
見た目も非常に似ているチョコクランチーバー同士ではあるのですが、
食感自体は別モノとのことでした。(以上、米村さん談)

そうそう!
ブラックモンブランを食べている間、
アイスマンがアイスクリーム歴史について
一生懸命に講義をしてくれていたのですが、
みんなアイスを食べるのに夢中で
誰一人として聞いていませんでした…。

私も例に漏れず殆ど聞き流していたのですが、
以下にとりあえず分かる範囲で書き出しておきますので
お勉強したい方は参考にどうぞ…。

[アイスの歴史(世界編)]

・もともとはお菓子ではなく健康食品。
・紀元前のアラブや古代ギリシア、中国で氷に蜜や蜜をミルクを混ぜて食べる
今でいうシャーベットのようなものがアイスの始まり。
・当時は兵隊などを士気を鼓舞し、肉体を元気づけるために食された。
・シルクロードを通って中国からイタリアに伝わったとされる。

[アイスの歴史(日本編)]

・日本で最初にアイスクリームを食べたのは横浜開港の翌年、
日米修好通商条約のために渡米した江戸幕府一向であると言われている。
これを「あいすくりん」と呼んだ。
・日本で最初に「あいすくりん」を製造販売されたのは明治2年、横浜・馬車道通りにて。
・明治8年ぐらいになると銀座のレストランなど食べられ始めた。
・ただし当時の値段は今の金銭価値で8000円程度と高価だった。

懐かしいアイスの特集もありました。

懐かしいアイス
120629_ice01_bm010

ここで大いに盛り上がると思いきや、
来場したお客さんの世代がバラバラだったせいもあってか反応薄め。
私も「カプリソーネ」ぐらいしかピンときませんでした。

懐かしのアイスネタが不発だった代わりに…

パクリ商品ネタで盛り上がりました(これは酷い)
120629_ice01_bm011
(明治うまか棒のパクリ商品)

=====

【アイスに関するクイズ】

最後にアイスに関するクイズコーナー!
120629_ice01_bm014

良問揃いだったので何問か抜粋して載せておきます。
ぜひ、挑戦してみてください。

◆Q1.アイスクリームの賞味期限は?
1)30日  2)1年  3)無い

◆Q2.アイスは何度以下で冷凍保存すれば良いか?
1)-8度以下  2)-10度以下  3)-18度以下

◆Q6.日本におけるアイスクリームの日は何月何日?
1)5月9日  2)7月15日  3)8月3日

◆Q8.粘力の強い伸びるアイス。トルコの伝統的氷菓の名前は?
1)ボヤッキー  2)ドンドルマ  3)オーギョーチー

◆Q10.アイスクリームが温度の変化によって変質することを何という?
1)ヒートショック  2)ヒートテック  3)ヒートバーン

良く見るとクイズの答えがこんなところに載っていたり…!?
120629_ice01_bm_q

全10問で6問以上正解するとアイスマンから
豪華仕様の「アイスマニア認定証」を発行してもらえます。

認定証のイメージ図
120629_ice01_bm013

みなさん成績優秀でビックリ…!(私は落第しましたorz)
120629_ice01_bm015

==========

【まとめ】

アイス好きが初めてカルカルに集ったわけですが、
ブラックモンブランを食べながら和気あいあいと盛り上がりました。

アイスマンが言うようにメーカー各社のアイス製造の際の工夫や
そのアイスにまつわる歴史・うんちくなどをほんの少し知るだけでも
お店でのアイス選びから楽しく充実したものとなり、
それを食べる時もいつもより美味しく楽しく感じられるようになりました。
このイベント以降、なんだかんだでコンビニアイスライフが
普段の3倍増しくらい(当社比)で楽しめています。

「vol.1」と銘打っているということはきっと続編もあるのでしょう。
また、みんなでアイスを食べながら盛り上がれる機会があれば良いなと思います。

(ライター・GAMA)