ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

いきなり大ブレイク!地図地理好き大集会再来!日本地図センターpresents 『地図ナイト2~来たれ2012年!一富士・二富士・三に富士!』ライブレポート(11.12/10開催)

2011年12月20日

7月の第1回開催からいきなり満員大盛況となった
史上最大の地図エンタメイベント『地図ナイト』
数多くのリクエストに応えてカルカルに再来!

今回はテーマは来る2012年に
富士山のような高らかな希望を込める意味で
「地図で眺める富士の山」に決定!

地図と富士山は昔から切っても切れない深い関係にある。

地図上の描かれた富士山を愛でるも良し、
地図を利用して理想の富士山見ポイントを探すも良し。
”地図好き””富士山好き”も皆、集まって
地図と富士山の新しい楽しみ方を発見しよう!

あまりにも深く面白い地図と富士山の世界。

一富士!二富士!!三に富士!!!

======

入場時に「1/20万地勢図1枚」が手渡される。
「特別富士見資料」のオマケ付き。

地勢図を手にして早くもテンションが上がる
111210_chizu_n1_02

富士見特別資料(白黒の地図とトレーシングペーパー)
111210_chizu_n1_04

使い方は1/20万地勢図の余白部分を折って白黒の地図と合体させる。
これで東京から富士山までが繋がった地図が完成する。

こんな具合(↓)
111210_chizu_n1_05

更に経線と緯線の描かれたトレーシングペーパーを
カラーの地勢図の上に重ねると、東京近郊の各地点から
富士山までの距離と方角がひと目で分かるようになる。
富士見ポイントを探す上で便利な資料となる。

なるほど!
111210_chizu_n1_06

カルカル恒例のイベント限定メニュー!
この日は前回好評だった「MAP丼」
(M:麻婆豆腐 A:& P:ポークソテー)が再登場。
ドリンクメニューとして「逆さ富士」
「ダイハード」(ノンアルコール)が用意された。

ダイハードを注文してみた
111210_chizu_n1_07

しかし、なぜダイハード…?

ああ!そうか!

ダイハード  不死身  富士見 だ!

物販コーナーが”超”充実していた
111210_chizu_n1_08

=====

【出演者紹介】

平井史生さん(気象予報士)
111210_chizu_n1_09

「ズームイン!!SUPER」など日本テレビ系列を中心に
お天気キャスターとしてメディア出演多数。
専門は気象学だが、大学で地理地質学も教えている。

田代博さん(富士見研究家)
111210_chizu_n1_12

富士山を見るマニア=富士見スト。
太陽と富士山が重なった「ダイヤモンド富士」や
様々なオブジェクト越しに見る「のぞき富士」など、
富士山の美しい姿を日々追い求める富士見業界のカリスマ。
富士見坂に代表される富士見スポットを熟知する。

藤本一美さん(日本国際地図学会常任委員)
111210_chizu_n1_11

日本の鳥瞰図研究の第一人者。
もちろん自らも精巧な鳥瞰図を描く鳥瞰図師。
鳥瞰図や山々に関する著書共著多数。
代表作に田代さんとの共著「展望の山旅シリーズ」がある。

小林政能さん(from 日本地図センター)
111210_chizu_n1_13

日本地図センター主幹研究員。
地図業界のエンターテイメント担当として
地図をより楽しむためのアイデアを世に問い続ける。

==========

では、イベント内容を紹介!

【1.田代さん&藤本さんクロストーク】

沢山の共著本を出版されているお二人。
田代さんは富士見業界のカリスマであり
藤本さんは鳥瞰図業界のカリスマである。

まず二人が出会った経緯などが語られた。

田代さんは1972年に神奈川県の高校教員(地理)となった。
当時から山が好きで、学校の屋上から見える山々を眺めては
写真に撮ったり、スケッチ、トレースしたりしていたという。
そんなある日、「地図と友」という雑誌で自分と同じように
学校から見える山々を描いている都立高校の教員がいると知り、
手紙を書いたという。その相手が藤本さんであった。

互いに地理の高校教員同士で同世代、且つ同じ趣味。
「山」をキーワードにすぐに打ち解けて
その後、数々の共著本を世に出してくことになる。

藤本さんと田代さんの代表的な共著「展望の山旅シリーズ」
111210_chizu_n1_14_2

従来の鳥瞰図等は山の名称が不正確なものが多かったが、
田代さんと藤本さんは正確に山座同定を行い、
山の正しい名称、正しい位置を展望図に記入していった。
「展望の山旅シリーズ」はそれが形になったものである。

そんなお二人が元にしたという本がコチラ(↓)。

「東京から見える山見えた山(横山厚夫著)」
111210_chizu_n1_16

古文献なども含めて、どのような文献に当たって、
いつ誰がどのような形で東京から見える山について調べたかが
克明に記載された本であり、田代さんも藤本さんも
「非常に素晴らしい本!」と絶賛していた。
古い本なのでもう書店に売っていないとのことだが、

田代さん曰く
「ネットで古書として入手したり、図書館等で探すなどして
興味のある方は是非見て頂きたい!」

それぐらい山岳展望の分野ではバイブル的な本なのだそうだ。

-----

【2.藤本一美さんのプレゼン】

鳥瞰図師でもある藤本さんは
絵地図古地図における富士山を集めて紹介。

今回は特に…

葛飾北斎、歌川広重、鍬形恵斎、吉田初三郎の作品に注目!
111210_n1_17

…と、その前に!
藤本さんご自身の作品(1983年制作)の紹介から。

大東京パノラマ鳥瞰図(これは凄い!!)
111210_n1_18
(船橋上空高度9000フィートからの眺め)

航空写真を元に鳥瞰図を起こしたもので、
制作に4ヶ月もかかったという力作。

手前を流れる大きな川が江戸川。
それが東京湾に注いでいる辺りが浦安。
東京タワー、皇居等もしっかりと描かれている。
中央線が立川まで真っ直ぐ伸びて
その先に扇状地の青梅があり…、、、。

航空写真ではボケてしまうような遠方の地形、
山々についても克明に描かれている。

ある意味、写真よりリアルで分かりやすい。

さて、ここからが古い絵地図の紹介。

江戸一目図屏風/鍬形恵斎
111210_n1_19

2012年にオープンする東京スカイツリーの第1展望室に
この屏風絵が飾られることになっている。
(既に設置は完了しているらしい)
江戸後期の絵師、鍬形恵斎の作品で
空から江戸の城下町を見た構図となっている。
中央遠方に富士山がそびえる非常に雄大な鳥瞰図だ。

東京市内における主要建築物/吉田初三郎
111210_n1_21_2_2

藤本先生が今一番注目しているという吉田初三郎の作品。
筑波山麓で「稲田石」という花崗岩を採石している会社
「中野組石材部(現・中野組石材工業株式会社)」が
会社案内の絵として発注した絵地図である。
この会社の石材商品がどこに運ばれて、
どのような建物に使わているかを表現している。

上の写真では分かりにくくなってしまったので、
赤矢印入れたが、左上に富士山が描かれている。

同じく中野組石材部に納品された吉田初三郎の絵
111210_n1_22_2

中野組石材部の採石場や会社事務所などを
フィーチャーする形で大胆にデフォルメされた鳥瞰図。
藤本さんは科学的に正確な鳥瞰図の制作にこだわってきたが、
このような魅せる絵地図も近年高く評価しているとのこと。
魚眼レンズで覗いたかのように茨城がグッと前に強調され、
遠方は東は函館、西は門司まで描かれている。

これも写真では分かりにくくなってしまったが、
赤矢印を部分にやはり富士山が描かれている。

富士山を絵に書き込む効果は想像以上で、
そこに富士山があるだけで方角を瞬時に察知できる。
日本人にとって富士山はそれほど特別な山なのだ。

続いて葛飾北斎の作品。

礫川の雪の旦(富嶽三十六景色)
111210_n1_24

現在の小石川から見た鳥瞰図的な絵。

五百らかん寺さざゐどう(富嶽三十六景)
111210_n1_25

目黒五百羅漢寺から富士山を眺めている光景。
昔から「富士見文化」が定着していたことが伺える。

甲斐の不二濃男(富嶽百景)
111210_n1_26

「濃男」とは現在の表記に直すと「農男」 。
富士の残雪が形作る様々な模様を雪形と呼ぶが、
農夫のような姿の雪形が山頂近くに浮かんでいる。

拡大図(農夫の雪形)
111210_n1_27

鏡萱不二(富嶽百景)
111210_n1_28

かなり大胆なダイヤモンド富士

最後に広重

水道橋駿河台(名所江戸百景)
111210_n1_29

鯉のぼりの奥にくっきりと浮かび上がる富士山。
爽やかな五月晴れの水道橋からの眺望が描かれている。

-----

【3.平井史生さんのプレゼン】

プレゼンタイトルは「富士ナイト」
111210_n1_30

平井さんは”カシミール3D使い”

カシミール3Dとは国土地理院が公開しているデータから
地形を鳥瞰図的に表示させることができるソフトである。

富士火山鳥瞰図(平井さんお気に入りの俯瞰方向)
111210_n1_31

上のスライドには富士火山に年齢が記載されている。
富士山10万歳の活火山。箱根火山40万歳の活火山。
愛鷹山は40万歳で10万年前に火山活動を終えている。

富士山が非常に美しいのは
「火山としてまだ若い」ということも一つの要因であるらしい。

箱根火山に比べて若い富士山は山肌がスベスベ!
111210_n1_31_2

さて、カシミール3Dを使うことで
「色々な場所から富士山がどのように見えるか?」
をシミュレーションすることができる。

富士市(富士川鉄橋付近からの眺望)
111210_n1_32

カルカル付近(お台場)から
111210_n1_33_2

横浜から。右側から丹沢の山がかかってくる。
111210_n1_34

相模原から。富士山は殆ど丹沢山地に隠れてしまう。
111210_n1_35

関東在住の方なら皆、感覚的に気づいているとは思うが
関東平野では富士山に近づきすぎるほど
富士山が見え難くなるということがこの結果からも分かる。

平井さんは気象予報士なので
富士山のケッペン気候区分を考えてみたという。

富士山の麓から山頂までの観測データを統計的に調べ、
次のようなグラフを作った。

横軸が月、縦軸が気温。標高ごとにグラフが示されている。
111210_n1_37

そしてケッペンの気候図を作成!
111210_n1_38

富士山頂はET(ツンドラ気候)、
山麓は殆どCfa(温暖湿潤気候)であるが、
富士五湖の高さの当たりはCfb(西岸海洋性気候)だ。

勢いで富士山の植生まで調べてしまう平井さん
111210_n1_39

もうひとつ気象面からのアプローチとして
「天候によって富士山が見えるか見えないか」
のデータを紹介してくれた。
美しい富士山を見るには場所も大事であるが
それ以上に天気も非常に重要なファクターである。

まず、富士宮市役所の富士山観測の記録
111210_n1_40

富士市役所から
・富士山の全体が見えた日 ・富士山の一部が見えた日
それぞれをカウントしてグラフ化したものだ。
これによれば12月が最も富士山が良く見えるということになる。
なお、横軸が6月から始まって7月で終わっているのは
「グラフの形を富士山型にしたかった!」
という平井さんのこだわり。(笑)

東京在住の方にはもっと参考になるデータが存在する。

成蹊中学校・高等学校が学校教育の一環として
かなり昔から学校から富士山が「見えるor見えない」を
毎日記録している
とのこと。

ただ、学校ではその膨大なデータを
詳しく解析する作業までははしていなかったらしい。

そこで平井さんが最近20年間のデータを徹底調査!

その結果がこちら!!
111210_n1_41

東京(吉祥寺)で過去20年間、
最も富士山が見えた日は1月4日!(80%以上

12月28日~1月10日、1月24日~30日の期間も
それぞれ60%以上の高い確率であった。

日暮里富士見坂でダイヤモンド富士が見られる確率は
11月中旬は33.9%、1月下旬は60.6%。

気象予報士・平井さんの渾身のデータ解析!
皆さんの富士見ライフに是非積極活用してほしい。

”どや顔”の平井さん
111210_n1_42

-----

【4.田代博さんのプレゼン】

輪環ロゴで自己紹介(笑)
111210_n2_01

まずは東京から見える富士山の特徴を確認。

/*———-
・首都からその国の最高峰を望めることができる!
・富士見坂に代表される”富士見”地名がある!
・高層ビルや高架だけでなく路上からも楽しめる!
・観察地点毎に丹沢山地との位置関係が変化する!
・美しいダイヤモンド富士が見られる!   …等々
———-*/

まず富士見坂について…
111210_n2_03

富士見坂は山手線内に18箇所あるらしい。
(うち一般人が立ち入り可能な富士見坂は16箇所)

最も有名なのが日暮里富士見坂である。

しかし、時代の流れとともに高層ビルなどが建設され、
景観がどんどん損なわれているという…。

日暮里の富士見坂からの眺望の変遷
111210_n2_04_2

ここで富士見坂に詳しい千葉さんがワンポイント登壇!

千葉さん(from 富士見坂眺望研究会)
111210_n2_05

日暮里富士見坂の眺望を更に悪化させるような
高層建築が更に計画されていることが判明したとのこと。

判明したのは黄色の部分(出典:富士見坂眺望研究会HP)
111210_fujimi_02

千葉さん曰く
「これが建ってしまうと景色が成り立たなくなる!」

ちなみに1999年の眺望は以下の通り。

これは見事!!(出典:富士見坂眺望研究会HP)
111210_fuhjimi_01

日暮里の富士見坂に限らず都内の富士見坂からは
どんどん富士山が見えなくなっている。

ただ、高層ビルを建てる側に法的な問題があるワケでもなく
乱暴に「建てるな!」「やめろ!」とも言えない事情があり、
景観を守るために千葉さんは非常に苦慮されている様子。

”富士見坂”という文化を一人でも多くの人に知ってもらい、
眺望保全に関心を持ってもらうことが大事であると感じた。
富士見坂眺望研究会ホームページ

さて、ここからは田代さんの十八番

ダイヤモンド富士!!

テンション上がりまくりな田代さん
111210_n2_07

まずはDDFから!
111210_n2_08

:代表的 D:ダイヤモンド :富士 (笑)

ダブルダイヤモンド
111210_n2_10

本栖湖に映るダイヤモンド富士。素晴らしい。

コロコロダイヤ
111210_n2_11

太陽が富士山頂から転がり落ちているような連続写真。

離陸ダイヤ
111210_n2_12

今度は逆に登っていくバージョン。
撮影場所の上高下(かみたかお)は
元旦にダイヤモンド富士が見える場所として
富士見業界では非常に有名なスポットであるらしい。

究極の車窓トンネルダイヤ
111210_n2_13

車で東名高速の都夫良野トンネルを走ってもらい
助手席から撮影したモノだとか。
客席からも写真の美しさに感嘆の声が上がっていた。

変化球すぎるダイヤモンド富士(笑)
111210_n2_14

これはナイスアイデア!!

-----

【5.小林さんのミニプレゼン】

開演時に紹介されたアジェンダにはなかったが、
小林さんもプレゼン資料を用意していたとのコトで
急遽ミニプレゼンが行われた。

小林さん「ちょっとだけ!」
111210_n2_15

小林家の自宅富士
111210_n2_21

新東名で行われたイベントにて撮影(新清水付近)
111210_n2_20

昭和20年の米軍が空撮した富士山
111210_n2_16

戦争中に米軍が偵察撮影した写真の中の1枚。
富士山の火口と捉えている。

今これと同じアングルから富士山の写真を撮ると
山肌に走ると道路もたくさん写り込んでしまうが、
この時代はまだ山肌に人工的なモノが殆どないため
非常にキレイな姿となっている。

-----

【6.ミニミニ地図地理検定】

最後はミニミニ地図地理検定の答え合わせ!

事前(入場時に問題)が配られる。計10問。
111210_n2_18

休憩時間等を利用して事前に解いておく。

さらに5問追加で出題されて計15問
111210_n2_17

そして答え合わせ!

全力で解いてみたが私は8問正解がやっとだった。

しかし、会場にはなんと…

15問全問正解者が1名!!

14問の正解者も1名!
13問、12問の正解者となるとゾロゾロと!

あまりに猛者揃いな客席に驚かされた。皆さん凄い!
(自分ももっと勉強しなくては…)

成績上位者からグッズのプレゼントが行われイベント終了!

==========

【まとめ】

「地図」という言葉を聞くと「○○図法」のような
非常に厳密に作成された地図を思い浮かべてしまうが、
今回は富士山の眺望にスポットライトを当てたこともあり、
非常に自由で大胆な発想の下に描かれた
絵地図や鳥瞰図、風景画などを楽しむことができた。
こういった芸術性の高い地図もまた趣深い。

首都からその国の最高峰を眺められるというのは
実は世界的にも非常に珍しいことであるらしい。
だったらもっともっと富士山を楽しまないと勿体ない!

この日カルカルで手に入れた
地図、地形、気象に関する様々な知識を総動員して
より美しい富士山の姿を見つけていきたいと思う。

(ライター・GAMA)