ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『やっぱりバスが好き!vol.1 ~バスヒストリーから乗りバス、撮りバス、旅バスまで!~』ライブレポート(11.11.12開催)

2011年11月24日

乗りバス、撮りバス、旅バス…。

お台場にバスファンが大集結!
カルカル初のバスファンイベントがついに開催!

長年バスを愛し、バス文化の向上に寄与してきた
日本バス友の会』の重鎮が様々な切り口で
バスの魅力を余すところなく語りつくす!

さらにバスの降車押しボタン専門家の
30年がかりで集めたという凄すぎるコレクションの展示や
バス大好き女子大生”バス娘”の乗りバスレポート、
バスで巡る奈良の旅トークなどバスづくしの2時間となった。

==========

カルカル初のバスファンイベント、ここにスタート!
Bus1_111205
(司会進行:テリー植田プロデューサー)

【出演者紹介】

高島俊一さん(from 日本バス友の会)
Bus1_111200

かれこれ40年近くバスに乗ったり、バスの写真を撮ったり、
バスに関する各種資料を集めたりしてきたという高島さん。
昨秋には「日本バス友の会」の2代目会長に就任。

城谷邦夫さん(from 日本バス友の会)
Bus1_111201

昔、勤めていた会社でバスに深くかかわっていた城谷さんは
31年前に「日本バスの会」を立ち上げた張本人。
長く事務局長としてバスの文化向上の為の活動を続け、
昨秋、創立30周年を機に事務局長を退任。
現在は顧問として友の会をバックアップしている。

宮津嶺さん(from 日本バス友の会)
Bus1_111203

子供の頃からバスが大好きで日本全国のバスに乗車。
日本バス友の会に入会してまだ2年と経歴は浅いが、
友の会のHPでバス娘(ばすこ)としてコラムを担当。
豊富な知識とバス愛を武器に日々活動中。

石田岳史さん(HN:ばすくん)
Bus1_111204

おそらく日本で唯一人の”バスの降車ボタン収集家”。
カルカルでは「ゆるい専門家ナイト」にも登場。

伊藤壮さん(後半の部より登壇)
Bus1_111235

カルカルの奈良トークや鉄道イベントでもお馴染みの方。
今回はバスで巡る奈良の旅を紹介してくれる。

イベントは休憩を挟んで前後半の2部構成。
前半はバス全般に関して視点を変えながら基礎知識を確認。
後半は降車ボタンの解説と乗りバスレポートが2本。

では、早速前半の内容から見て行こう。

-----

【前半の部】

そもそも「日本バス友の会」とは何か…?

城谷さんが1980年に仲間2人と設立。
当時、城谷さんは某会社の販売促進部に所属していて、
バス会社向けの各種PR誌などの制作を担当。
そんな仕事柄、バス会社を何社も訪問し、
写真を撮ったり、資料を集めたり、話を聞いたり、
約6年に渡ってバスを身近に感じながら過ごしてきた。

異動を機にバスの仕事から離れることになったが
せっかく集めた資料や知り合った仲間を失ってしまうのは
非常に勿体ないと考え、会の設立に至ったという。

単なるバス好きの集まりではなく、
バスを産業文化財として捉え、その保存活動や
バス文化の向上のための活動を展開。
昨年創立30周年を迎え、更に活動領域を広げている。

-----

1)バスのカタチに注目してみよう!

日本のバスそのもの歴史は明治36年、
広島や京都から始まったとされている。

まず、バスの外形状に着目してバスの歴史を追って行く。

ボンネットバス!(三重交通で使われていた車体)
Bus1_111207

古いタイプのバスはエンジンが運転席の前方にあった。
それが時代ともに床下つくようになり、
現在は後部座席下(左側)に配置されている。

日本バス友の会では、このボンネットバスのような
”産業文化財的に価値のあるバス”を後世に伝えるため
それらを引き取って保存する活動も行っている。
現在16台のバスを所有し、うち3台がボンネット型とのこと。

保存しているバスは外観からして非常に目立つせいか
人目に触れる場所に置いておくと悪戯が絶えなかったという。
そのため、現在は秘密の保存基地に退避させている。

普段は一般公開していないこれらの貴重なバスも
友の会主催のイベント等で触れ合うチャンスがあるので、
興味のある方は会のHPをチェックしてみると良いだろう。

イベントの様子を紹介
Bus1_111208

また、友の会に入会すれば
保存基地を巡るツアー等にも参加することができる。

近年、ボンネットバスの外観を再現したレプリカ的なバスが
観光向けのミニバス等に使われることが多くなっている。

例えば、しずてつジャストラインが運行する…

駿府浪漫バス(竹千代くん)
Bus1_111209

車体自体は最近製造された新しいモノであるが、
形状は古いボンネット型を再現している。

ボンネットではないタイプのレトロ風バスもある。
例えば、仙台市交通局の…

るーぶる仙台号!
Bus1_111210

ここで出演者から次々とマニアックなコメントが…!

石田さん
「この手のバスには珍しい降車ボタンがついていることが多く、
非常に注目している。例えば金メッキされたボタンなどがある」

宮津さん
「バスが好きで色々なバスを沢山見ていると
何の車体を改造してレトロバスに仕上げたかが
だんだん分かるようになってくる!」

ちなみに「るーぶる仙台号」は
いすゞの「エルガ」というバスを改造したものらしい。

最新のバスも見てみよう。

京成の連節バス(メルセデスベンツ製・シタ―ロ)
Bus1_111211

連節部分は円板状の金具で接続されていて
大きく折れ曲がることが出来る。
そのため意外と狭い道も器用に走れてしまう

その他、最新型のバスとしては
圧縮天然ガスを利用したCNGバスなどがある。

天井の上に搭載されたタンクが特徴的
Bus1_111231

エコという観点ではCNGバスの他にも
廃天ぷら油を利用したバス等も話題となっている。

-----

2)車内に注目してみよう!

運転席!
Bus1_111212

昔は極端に長いクラッチレバーが目立っていたが
ご覧の通り、最近のバスではかなり小さく作れられている。
手前に運賃箱があり、その向こう側に
テンキーのような押しボタンが並んでいる。


テリーさん「…で、そのボタンは何に使うんですか?」

高島さん「お客さんへの案内のデータを選びます」

昔は行き先表示は「方向幕」を手動で動かし、
車内放送は8トラックのテープを切り替えていたが、
現在ではこれらのデータはデジタル化され
ボタン操作一つで連動するようにプログラムされている。

そして乗客席…!
Bus1_111214

テリーさん
「皆さんどのあたりの席に好んで座るんですか?」

城谷さん
「男性のバスファンはやっぱり運転手の左側にある
最前列の一段高くなっている席ですね!」

宮津さん
「私は後部座席の左側!エンジン音を聞きながら、
エンジンの温かさを感じながらバスに乗るのが好き!」

石田さん
「降車ボタンを集めるだけでなく押すのも好きなので
誰よりも早くボタンを押せるように車内全体を見渡せる
後部座席に陣取ることが多い。特に右側がやりやすい!」

皆さん、それぞれ”こだわりの席”がある様子。

鉄道ファンが先頭車両のベストポジションを奪い合うように
バスファンも実は密かに車内で戦いを繰り広げている。

3)バス停のカタチに注目してみよう!

バス停の最も代表的なタイプが…

”ポール型”
Bus1_111216

ポールの上部に「丸板」と呼ばれる案内板が取り付けられている。

”白百合型”
Bus1_111217

白百合のつぼみに形状が似ていることからこのように呼ばれる。

白百合型に先ほどの「丸板」を組み合わせたタイプ等、
複合型のバス停も数多く存在する。

”行燈型”
Bus1_111218

中に蛍光灯が入っているタイプ。都市部で良く見かける。

日本で最もゴージャスなバス停がコレ!(↓)

名古屋 栄のバスターミナル!!
Bus1_111219

鉄道で言うところのホームドアみたいなものが設置されていて
バスが到着した時に運転手が遠隔操作でドアの開閉を行う。
排気ガスや安全に考慮した最新鋭のバスターミナルだ。

乗り場案内もハイテク系
Bus1_111220

実は名古屋は
日本屈指の「バス文化の街」であるらしい。

続いてはバス文化の街=名古屋の特徴的なバスを見ていこう。

-----

4)名古屋のバスに注目してみよう!

その1:基幹バス
Bus1_111221

道路の真ん中に設けられたバス専用道路を走る。
基幹バス「幹」の字から「ミッキー」という愛称がつけられていたが、
現在は愛称は外されている。
(某夢の国を敵に回したくなかったのだろうか?)

その2:ガイドウェイバス
Bus1_111222

ガイドレールを備えた専用軌道
案内輪でトレースして自動操舵で進んでいく。

専用軌道上は「鉄道扱い」となるため
運転手はハンドルを握ってはいけないことになっている。
運転手は鉄道と自動車の両方の免許が必要。
専用軌道を抜けて地上に降りると通常の路線バスに戻る。

バスファンと鉄道ファンを兼業している人にとっては
1回の乗車でバスと鉄道の両方味わえる贅沢な路線である。

-----

5)バス会社に注目してみよう!

バス会社は小さい会社も含めるとその数は2千を超えるらしい。

近年は所有台数が3~5台程度を小さなバス会社、
特に観光バスの会社が増えているという。

一方、路線バスの会社は残念ながら年々減少傾向にある。
…とは言え、鉄道に比べると
まだまだ圧倒的に会社の数が多く、そのため
地方色豊かで個性的な路線バスが全国各地を走っている。

城谷さん曰く
「地方に行ったらまず路線バスの色を見て欲しい!」

これは”山梨交通”の路線バス
Bus1_111225

山梨交通は昔は鉄道を運営していたが
現在はバス会社のみの運営となっている。

このところバス会社もグループ化や吸収合併が相次ぎ、
昔ながらのボディカラーが姿を消しつつあるとのこと。
十和田湖のバスも国際興業グループ入りして…

おなじみの国際興業カラーに…
Bus1_111224

城谷さん
「時代の流れとは言え、地方色が薄れるという意味では
少し残念な気もしますね…」

せっかく遠くまで旅行にでかけたのに
自宅近くを走っているモノと同じ配色のバスが走っていたら
確かに「え゛っ!?」と思ってしまうかもしれない。

路線バス各社それぞれに「大人の事情」はあるとは思うが
できる限りローカル色は残してほしいと思う。

一方、大都市部ではローカル色どころか
様々な会社の路線が同じ道路を使用するため、
各社のバスが入り乱れた状態となっている。
停留所の密集地帯を探してみるのも面白いかもしれない。

バス停だらけな風景!
Bus1_111228

-----

6)バス停の名前に注目してみよう!

バス停は鉄道の駅に比べても圧倒的に数が多い為、
非常に多種多様な名前が付けられている。

例)馬車みち
Bus1_111229

これは杉並区のコミュニティバスの停留所であるが、
昔、野菜などを運ぶ馬車が通った道がそこにあったことから
この名前がつけられている。

このように、その地域の歴史に関わる事柄や、
現在使われていない旧地名など
地域の特徴が色濃く出る名前が採用されることが多い。

また、田舎で目印となる公共物が何もないような場所では
「山田前」、「田中前」など、バス停前の土地の所有者名が
そのまま停留所名になっていることもある。

バス停の名前に着目して路線図を追ってみるのも
バスの楽しみ方の一つである。

-----

7:コミバスに注目してみよう!

コミュニティバスは地域住民の利便性の向上のために
自治体が運行するバスで、全国的で急速に普及した。

多くの場合イメージキャラクターやイメージカラーが設定され、
カラフルで可愛らしい外観をしたものが多い。

埼玉県戸田市のコミバス=「tocoバス」
Bus1_111232

板橋区のコミバス=「りんりん号」
Bus1_111234

りんりん号は日野のポンチョという新型の車体を採用。
前輪が限界まで前に出されているのが最大の特徴で
これによって前ドアも後ろドアもノンステップ化させている。

埼玉県川口市のコミバス=「みんななかまバス」
Bus1_111233

これは中型バスをコミュニティバスに転用しているケース。
可愛らしさという点ではモノ足りないが、宮津さんによれば
「9mで売られている中型バスを7mに短くし運用している!」
とのことで、これもある意味、非常に特徴的なバスである。
(でもどうやって短くしているんだろう…???)

-----

8:バスの写真を撮ってみよう!

バスの写真の撮り方としては
バスの顔(正面)部分を7割、横の車体部分を3割とした
いわゆる7:3写真が一応の基本となる。

しかし、風景とともに撮る時はわざとバスをぼかしてみたり、
皆さんそれぞれ工夫を凝らしている様子。

桜の並木を走るバス
Bus1_111238

バスとスカイツリー&うんこビルアサヒビール吾妻橋ビル
Bus1_111236

ホテルの窓から橋上のバスを撮影
Bus1_111237

高島さん
「このシーンを撮るためにわざわざこの部屋を予約している!」

これぞ”撮りバス”の鑑!

/* ここで前半終了 */

=====

物販コーナーへ
Bus1_111202

バスのミニカーが多数並べられていた。
その他、日本バス友の会が出版した本やDVDなどを販売。

=====

【後半の部】

《バスの降車ボタンコレクション》

後半は”バスの降車押しボタン専門家”の石田さんから!

30年歳月をかけて集められた降車ボタンの数々(凄い!!)
Bus2_111201

メーカーごとに各段に分類されていて、
左側に行くほど古いボタン、
右側に行くほど新しいボタンとなっている。

手元の装置で音も自由自在に変えられる
Bus2_110202

日本における押しボタン式のワンマンバスの歴史は
昭和26年の大阪市交通局に始まったと言われている。

その当時の降車押しボタンがコレ(↓)
Bus2_111203

以降、カエルような形のボタンを経て…
Bus2_111204

昭和38年にオージ社から初めて点灯式のボタンが登場!
Bus_111205

点灯式のバスの降車ボタンは日本発祥の文化!

バスの降車押しボタンを製造するメーカーは
最盛期には10社を超えていたらしいが、
現在はオージとレシップの2社のみとなっている。

-----

《バス娘の都バスで山手線一周旅》

後半2番手はバス大好き大学生の宮津さん。
都バスを乗り継いでの山手線一周に挑戦したという。

新宿駅からスタート!
Bus02_111206

バスを乗り継ぎながら撮った写真を次々と紹介(↓は渋谷駅)
Bus02_111207

東京駅…!
Bus2_111209

バスの乗り換えの待ち時間を考慮して予定を組んだので
必ずしも最短経路とはならなかったが、
先日、無事に都バスの乗り継ぎによる
”山手線一周一筆書き”を達成したとのこと。

詳しくはバス友の会のホームページにある
コラム「バス娘が旅する東京」のコーナーを参照!

バス娘の誤算=大崎駅だけ都バスが走っていなかった
Bus02_08
(東急バスか…)

-----

《路線バスで行く奈良の旅》

そして、トリは奈良県出身の伊藤壮さん。

バスで巡る奈良の旅を紹介!
Bus_nara_500

ちなみにテリー植田さんも実は奈良県出身!

東京から奈良行の夜行バス「やまと号」に乗車
Bus_nara_502_2

翌朝早朝に奈良に到着⇒すぐに路線バスに乗り換え
Bus_nara_503

観光には1日フリー乗車券の利用が便利
Bus_nara_508

まず東大寺へ。朝早いので誰もいない!
Bus_nara_505

でも鹿はいた!
Bus_nara_506

伊藤さんが次に向かったのは東大寺から程近い
「シルクロードの終着駅」というお店。

こちら(↓)
Bus_nara_511

ここは何のお店かと言うと…

西日本最大級の鉄道ジオラマビュッフェ!
Bus_nara_513

鉄道ファンも兼業する伊藤さん、大興奮!!
Bus_nara_514

このお店ではバスは脇役にすぎないが…
Bus_nara_516

ジオラマの中を見ていくと観光バスを中心に
様々なバス会社のバスが多数設置されている。

鉄道ファンだけでなくバスファンも十分楽しめる!
Bus_nara_512

奈良に行く機会があったら是非寄ってみたい。

ここで奈良のバス事情を少々…。

首都圏でいうところのPASMOやSuicaに相当する
いわゆるICカードが奈良交通にも存在する。その名も…

CI-CA(シーカ=鹿)
Bus_nara_507

導入されたのは2004年ぐらいとかなり早い。
奈良というと保守的なイメージが強い土地柄であるが、
バス会社は先端技術をいち早く取り入れていた様子。

奈良の路線バスは3扉のモノが多い!
Bus_nara_510

奈良にもレトロタイプのバスが走っている
Bus_nara_509

/*— 元バスメーカー勤務のお客さんによる解説 —*/
奈良のレトロバスは鎌倉を走っている
京浜急行の「りんどう号」と同じ車体でメーカーは日野。
中は木造となっていてパイプ類は金メッキとなっている。

続いては大きく南下して明日香村へ!
橿原神宮駅から明日香周遊バス(かめバス)に乗車。

ここでもフリー乗車券を購入
Bus_nara_517

バス停の名前は古墳や遺跡ばかり
Bus_nara_519

そして、バスを降りては…

次々と観光名所を巡って行く伊藤さん
Bus_nara_520

観光名所だけでなく観光”珍”所にも足を運ぶ
Bus_nara_515

この他にも十輪院というお寺で朝のお勤めをした体験談など
路線バスを絡めながらの楽しい奈良トークが続いた。

さて、今回伊藤さんが紹介してくれた奈良のバスで
最も興味深かったのは…、、、

五條市のバス!
Bus_nara_521_2

かつて奈良の五條から和歌山の新宮まで
鉄道で結ぶ計画(五新線計画)があったらしい。
しかし、それが途中でボツとなってしまい工事がストップ!
現在その鉄道予定地がバス専用道路として使われているという。

鉄道を引く予定だったので直線的で気持ちの良い道路
Bus_nara_523

トンネルも鉄道仕様でグッとくる
Bus_nara_524
最後は「CI-CA」のイメージキャラクターを務めている
「シーカくん」が踊っている動画をみんなで見てイベント終了!

おまけ:踊るシーカくん(ネタ提供:小倉沙耶さん)
Bus_nara_518

==========

【まとめ】

カルカル初のバスファンイベントは盛況のうちに幕を閉じた。

初開催ということもあり内容的には
バス全般に関する概論的なトークが中心だったが、
「vol.1」というタイトルが示すように
今後の続編も検討されているとのことなので
更にディープなバスの世界が展開されることを期待しよう。

お台場から新しい『バス文化』の創造を…!

(ライター・GAMA)